ease店主 「入れ換え後の様子 その2」

どうも、ease店主です。台風の動向が心配ですね。
ネコ作品紹介の続きです。
豊島 ねこ鉢豊島 ねこマグ
豊島・P・さとこ
左:ねこ鉢 右:ねこマグ
マグはたっぷり飲める大きめサイズです。

ネコ小物クロノ ネコ箸置
クロノユキコ+豊島・P・さとこ ねこ小物
箸置、ピンバッジ,バッジ、ヘアピン、マグネットなどなど。
右:小振りなねこ箸置 何個か並べてもかわいいですね。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

12:45 | お知らせ | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「入れ換え後の様子 その1」

どうも、続きましてease店主です。

ネコ好きな方に朗報です。
ネコ祭?画像
昨年まで3回にわたりこの時期に開催していた「ネコ祭」
今年はお休み…のつもりが、
ヤハリこの時期はネコ作品が集まってます。

ということで、本日はネコ作品の一部をご紹介しましょう。

「うさおとうさこ」のネコたち。
うさおとうさこ ねこ集合画像

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:52 | お知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「いなおかひろみ作品展 その2」

こんにちは、ease店主です。
今月23日から始まっています「いなおかひろみ作品展」
2010.10月1階の画像
今日は作品の一部をご紹介します。

まずは来年の干支でもあるウサギの土鍋。
ウサギ土鍋ウサギ部分
やわらかな色合いとちょこんとのったウサギが愛らしい作品です。


新作ダルメシアン土鍋とカエル土鍋。
いなおかひろみ ダルメシアン土鍋ダルメシアン部分
いなおかひろみ カエル土鍋カエル部分

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:09 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「身の回りのお気に入り/その2」

マツーラになりかわって、ease店主登場です。

季節それぞれに店の雰囲気を楽しんでいますが、
簾を外すと夏に育った街路樹の緑が映え、
秋冬使用のマットに変えてほっこりとした気分になるこの季節も
お気に入りの雰囲気ですねぇ。
2010年10月ease2階
先日、作品の入れ換えが終わったところです。
入れ換えごとに違った魅力的な作品たちに囲まれる日々は、
贅沢なものかもしれません。
2010.10月1階の画像
1階ではいなおかひろみ作品展が始まっています。
あえて印象を変えた1階と2階、
作品を上下に運ぶのは少々大変ではありますが(苦笑)
同じ作品も見え方が違ったりして、2倍楽しめるんです。

皆様のご来店、お待ちしております♪

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:58 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり 『身の回りのお気に入りその2』


12年くらい前に通販で購入したワッフルメーカー♪
愛用し続けて今に至る。


いつも作るのはイーストタイプいわゆるベルギーワッフル。
材料をコネて発酵させるのが少々時間がかかり面倒ではあるが…。

今日は食べるぞっ!て気合いをいれて作ります。

焼きたての熱々を食べながら次のを焼く。

どんどん焼いてどんどんつまんでついつい食べ過ぎてしまいます。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

16:11 | 布小物 松田かおり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑 「身の周りのお気に入り/その2」


お気に入り...挙げたらきりがないので
今回は「箸置き特集」!

その日の気分や料理、お客さんのキャラによって使い分けて楽しんでます。


由良しのぶ 箸置き

まずは ease作家 由良しのぶさんの ゴマちゃん?箸置き。
びみょうな毛並み、歪みがたまりません。


岩倉由香 箸置き

備前でがんばってる友達、
岩倉由香さんの 土だんご箸置き。
焼成時、作品の下に支った土だんごがいい感じだったので箸置きとして頂きました。


工房じぐろ 箸置き

ご近所の窯垣の小径沿いに新しくできた
工房じぐろさんの のほほん箸置き。
おじさんとか、赤ちゃんとか色んなキャラ揃ってました。
古民家を改装した素敵なギャラリーと工房、体験陶芸もできますよ。


橋本緑 箸置き

自作、草紋箸置き。
ただいまこのテイストのウサギの干支を製作中。
easeにもそのうちお目見えします。


studio jam 箸置き

知多半島の付け根、東浦にある
studio JAMさんの硝子ことり箸置き。
蒼や赤や色々あって迷ったけど、幸せそうなきいろにしました。

JAMさんとは窯垣の小径ギャラリーで、展示をご一緒させて頂いてます。
宣伝! 秋の企画展、11月14日までです。土日祝日開いてますので
皆さん、どうぞ遊びにきてください。




▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

11:53 | 陶芸 橋本緑 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物谷口奈輔子「身の回りのお気に入り/その2」

P1000189.jpg
身の回りにいつもいるので、とてもお気に入り。
寒くなってきたので、抱いて暖をとったり
座布団を暖めてもらったり。
希望としては、足元を温めてほしいものです。
ねっころがっている身体の下に足入れると気持ちいい。
キャーくらいのサイズだったら気持ちよさそう!
 (キャーは僕の地球を守ってに出てくるの)

前回小物達を紹介?したので今回は動くものを紹介してみました。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「身の回りのお気に入り/その2」

1355512e.jpg

「身の回りのお気に入り/その2」

最近、僕の三脚と物々交換してやってきた友人からのiPhone3Gです。
現行機からは2世代前のモノですがまだまだ使えます。

phoneとか言いつつ、もうすでに電話の機能は取り除かれていて
もう電話としては使えず、僕にとってはお金もかからずちょうど
いい感じなのです。「PhoneじゃなiPhone」とか呼んでます。

なんかいろいろ機能が入ってるので、ポケットに道具箱入れてる
感じ。実は今までちょっとバカにしてたんですが便利なもんですね。

大きさはなぜかマッチと同寸です。不思議。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:27 | 立体造形 田原幸二 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「身の回りのお気に入り/その2」

「身の回りのお気に入り/その2」


radio sony

たぶんその1でもラジオだったような…。
愛用のラジオが壊れてしまい、
(音が最大で小さくならない!)
オヤジのお古のラジオを愛用中。
古いけれど、やっぱりアンテナ付はよいです。
電波がよい。

いまだにAMメインで聞いてます。




▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:00 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 河合幸代 「身の回りのお気に入り」(その2)

じゃん☆
最近のはやりは、剪定!
めっちゃおもろい!
まず、読みこんで ねらいを定めて のこぎりなどで切っていきます。
すかっすかって。
すかっすかって、木々をすいていく時がたまらない至福の時間となっております。

IMG_7011.jpg

次☆に
このペンたち。
すげー書きやすいし、めっちゃいい線がかけるのでごわす。

IMG_7014.jpg
昨日文房具や行って
カートリッジ大量購入しちゃったよ。


IMG_7017.jpg

ほんでもって
最近は
pen画に凝っていて
こんなものを描いています。

木々を剪定して夜によなよな 絵描いて
たぶん
剪定が自分のなかで大きな役割をしめていて
描くものも木々になってきてるのでごわす。

これは
まだ途中の絵。
IMG_7019.jpg

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

12:14 | 陶芸 河合幸代 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二(妻)「身の回りのお気に入り/その2」

確か、前回はパジャマと答えたような。
最近のお気に入りは何でしょう・・・
最近、気付いたのですが、私はウサギグッズが好きなようです。
本当に好きな動物は猫なのですが、
(兎は早死にしそうで↓)
板津氏に頂いた手書きTシャツがウサギの絵だったのが契機なのか・・・
studioir_60[1]
ウサギのぬいぐるみやウサギのベンチも気に入ってるし、
ウサギのクッションも買ったし、
ウサビッチも好きだからウサビッチの上着を2着も購入したし。
ママ友が作ってくれたウサギの手作り椅子、
頂いたウサギのティーセット等
何か描く時はウサギ・・・
で、つい最近になって「私、ウサギ好き?!」と気付き
「そうじゃないの?」と言われて確信した板津妻☆です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「身の回りのお気に入り/その2」

あれ・・・?
おととい、通常「めぐるease日記」に注ぎ込む分の10倍くらいの精神的労働力を用いて書いたばかりだというのにもう順番がめぐってきたとは・・・。
松田さんの手ぬぐい巻きモノ

最近のお気に入り。
写真はつい先日手に入れたばかりの松田かおり作てぬぐい・・スカーフ?ストール?マフラー?
手ぬぐいの半分の幅で絞り染めにしてあって、丸く切ったちりめんがミシン刺繍でぽんぽんといくつも縫い付けてあります。ここ二、三日毎日のように巻いている。おきにいり。
帽子もおきにいりかな。っていうか、持ってる帽子はどれもお気に入り。
この帽子は・・・確かずーと前に、道で拾ったんじゃなかったかな?
シャツもお気に入りこれはたしか友人の着ていたのをもらったのだよな・・
自分で買ったもんじゃない。
ってかんがえると、自分で気に入って買ったもの以上に、人にもらったりとか、何かの巡り会わせで手に入れたものがお気に入りになる、
というパターンは結構ある気がする。

最近お気に入りのレシピ。
ホットケーキミックスにサラダ油(ホントはオリーブ油を使いたかったけど切らしてた)バジル塩、みじん切りのベーコンを混ぜてミミタブくらいの硬さにして適当な形に延ばしてオーブントースターで焼いたオトナ味のクッキー。
先日由良しのぶさんのアトリエにお茶しようと持ってった。
好評だった。すごくぽろぽろして食べにくいけど。
最近のお気に入りレシピなのだ。お酒のつまみにもいけそう。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

03:06 | 陶芸 阿部未来 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「身の回りのお気に入り/その2」

第54回お題
「身の回りのお気に入り/その2」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が
店主の出す「お題」について
ほぼ毎日ぐるぐると日記を書いていきます
このブログ。

さて、今回のお題は「身の回りのお気に入り/その2」
その2ということで2回目のお題ですが、
ただでさえこだわり多き人々たちですし、
1度や2度で尽きるお題ではないでしょう。
作品以外のご自分の生活にちなんだものでご紹介ください。

それでは皆さん、よろしくどうぞ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:12 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「いなおかひろみ作品展」

10/22(金)まで入れ換え休業中、ease店主です。

入れ換え休み後は
いなおかひろみ作品展DM画像
いなおかひろみ作品展 10/23(土)~11/15(月)

今年もいなおかさんの土鍋作品が並びます。
DM画像はウサギの土鍋、来年は卯年です。
土鍋は冬の必需品ですから、気に入ったものを使いたいものです。
私もいなおかさん土鍋の愛用者。
見た目だけでなく、使い勝手も良いんです。
土鍋の他、新作のスプーンや箸置などの小物も並びます。

皆様のご来店をお待ちしております♪

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

11:50 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 リレー小説「空飛ぶ巡子の不思議な旅」

「うぅ~ん・・・はっ!」
ここはどこ・・・?
巡子さんは辺りを見回しました。
朝日の入るマンションの部屋。
旅に出たのは昨日の事のようでもあるし、何年も前のようにも思える。
見慣れたような懐かしいような、平凡なインテリア。
子供のころからずっと枕元にいる薄汚れたうさぎのぬいぐるみ。
「帰ってきちゃったんだ・・・なんでだろう?なにがあったんだっけ?」
巡子さんは記憶の糸をたどります。
空の上で不思議な紳士に出会って旅を始めたんだ・・・そしたらニキが現れて・・・で、夢のお告げでブッタマンの宴会にビールとつまみを持って行った・・・で、気が付いたら部屋で寝てた・・・。
すべては夢の中の出来事だったのだろうか?



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:12 | 陶芸 阿部未来 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 伊藤実穂 リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

巡子とニキは、夜な夜な飛び続け…夜明け前にブッダマンの元に着きました。
同じ頃、巡子とニキ以外にもギュウギュウ詰めの荷物を持った人達が到着しました。

そこにはすでに、ミクロマン・怪しい紳士・旅の中で出逢ったたくさんの人達の顔・懐かしい顔もありました。

巡子とニキは、巡子達の為に開かれた宴会に招かれたのでした。

ブッダマンは毎日毎日何百年にも渡ってこの宴会を開いています。


巡子はピンと来ました!

ブッダマンはこの星の主!?
ミクロマンはこの星の使者!?
ニキは…前世!?来世!?の自分かも。

うう…ううぅ~ん。
飛び疲れたのと、ビールを飲んだので…急に眠気が襲ってきました。。。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

19:55 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

そうだ!寝なくっちゃと巡子は思った。
夢を見るために。
とりあえず地上に降りた。疲れていたからなのか?すぐ眠ってしまった。
夢の中では缶ビールをもった仏顔のオッサンがいた、どうやらずいぶん飲んでいるようだ。
何か叫んでいる?
えっっつまみがない?
えっっ酒が足りない?
えっっ今すぐ持って来い?
巡子は目を覚まし、ぐっすり眠っているニキを無理矢理起こしてビールとつまみを売っていそうな所をを探した。
人のいる所にはたいがいビールって言うのはあるもんだと関心しつつ。
まだ半分眠っているニキに缶ビールを背負わせ、つまみをエコバックにギュウギュウに詰めにした。
すぐに飛び立とう!届けなくては!!
ブッダマンが待っている。道案内はニキがしてくれるはずだ!!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

08:52 | 布小物 松田かおり | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑 リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

さて、そんな噂を56億7千万光年先でされているとは、つゆとも知らぬ二人は
南の空をふわりふわりと飛んでいました。

湿気をたっぷりと含んだ大気が二人を包みます。
どうやら大きな台風が近づいているようです。

「そうだニキ、私が初めて飛んだのもこんな風の日だった。」
巡子がなつかしそうに話はじめます。

「台風警報が出た日、私一人で学校の屋上にいたの。
なんだかワクワクしちゃってね~。
町がゴオーって音に包まれてて、空がゆれて風がうねってたよ。
大きな風がきた時、ふいに ”今だ。”って思ったの。
それで体を預けたら、ふわって浮き上がってた。
でも驚かなかった。
ほら、やっぱりねって納得したんだ。いつもの夢の通りだって。」

「夢?」

「そう、小さい頃からよく見てた夢があって
私その中で飛んでるの。風を受けた凧みたいに。
あの感じをいつも味わってたから、ちっともびっくりしなかったんだなー。」

「へえー、巡子は夢から飛ぶ感覚を思い出したんだね。」

「うん。
....そういえば夢の中でいつも何処かを目指して飛んでたな。
変な仏顔のおじさんがそっちを指差してるんだけど... 
何処に向かおうとしてたんだろう...?」


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:35 | 陶芸 橋本緑 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

(布小物 谷口編)

そういえば、あの不思議な紳士も私のこと知ってたっけ・・
「ねえ ニキ、あなたみたいに飛べる人達にあえないかしら?」
「旅は始まったばかり、今に出会えるさ!さあ出かけよう!」
うん そうだ 出かけよう、巡子とニキは空に飛び立ちました。

(陶芸 マツーラ編)

ちょうどその頃。
地球の平和を守るために3分弱の仕事を終えたミロクマンが、
56億7千万光年離れたM56.7星雲に向けて地上から飛び立たったところでした。
「おや?」ふわふわと空を漂う巡子とニキを見かけましたが、
その姿はあっという間に後方へと消え、ミロクマンは宇宙空間を飛び続けます。

M56.7星雲に戻ったミロクマンは、さっそく兄のもとへ行きました。
「ブッダマン兄さん、ニキを見かけましたよ。」
ブッダマン兄さんと呼ばれた彼は、満足げに右手に持った缶ビールを飲みました。
「ふふ、ニキはしっかり仕事をしているようだな。」
兄さんが意味不明な行動を取るのはいつものことで、
結果が出るまで予想がつかないのです。
「旅を始めたようだな、結構結構。」
要領を得ないまま、ミロクマンは薄く笑みを浮かべました。
その表情を見て、彼はにっこりとステキな笑みを返しました。
「お疲れさま。」
そう言って左手に持った未開封の缶ビールをミロクマンに手渡しました。
結局ブッダマン兄さんにはかなわないのです。

今回はどんなことになるのかな…。
兄さんはいつもワクワクするようなことをやってくれるのです。
ミロクマンはビールを飲み終え、ベッドに横たわって目を閉じると、
ほどなく空を飛んでいるような心地良い睡魔に包み込まれていきました。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:03 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 谷口奈輔子 リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

(立体造形 田原編)

ゆっくりと巡子は記憶をよみがえらせます。
ビールを飲む前、いや飲んでしばらくたってからの事を。

こんなに長い距離を飛ぶのは初めて。
そうしてわかった事が1つ。
飛ぶっていうのは、なにも無重力で浮かぶというわけでもない
という事なんだ。空気の中にも海のような「波」があって、
それに滑るように乗ることが「飛ぶ」ということになってるみたい。

飛んでいるとその波の手触りを感じる事が時々ある。
そしてその手触りの中に、いくつかの共鳴みたいな波を感じる事も
わかってきたんだっけ。
その共鳴はとても心地よく、緩やかな振動とビールの酔いで巡子は
眠りについたのでした。

「そういうことなんだよ」

ニキはまだなにも言っていない巡子の、その心に滑り込むように
また話し始めました。

「まだよくわかってないようだから教えてあげる。
多くの人は空を飛べないって思ってるよね。
飛べない現実を信じてるわけだよね?
だけど実はコインの表と裏みたいに、人は本当は飛べるっていう力が紙1枚
くらいの差でぴったりくっついてるんだけどね、そのことをみんなは普段
忘れてるんだよ。・・・巡子はそういうことにそろそろ気づいてると思うんだけど」

「え・・!? ちょっと待って、なんで私の名前を知ってるの?」

「そりゃ知ってるよ。空を飛べるの、この世界で巡子だけってことはないじゃない」

そう微笑みかけるニキの瞳の中に、巡子は少しとまどいつつも、
なぜかあたたかく、懐かしいものを感じたのでした。

(谷口編)

そういえば、あの不思議な紳士も私のこと知ってたっけ・・

「ねえ ニキ、あなたみたいに飛べる人達にあえないかしら?」

「旅は始まったばかり、今に出会えるさ!さあ出かけよう!」

うん そうだ 出かけよう、巡子とニキは空に飛び立ちました。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

07:52 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」 

(陶芸 クロノ編)

「ねえ、ねえ。」
声がして目が覚めたのでした。
「???誰?」
見知らぬ子供が横にいます。
「オイラ、ニキってんだ。」
(妖怪人間ベロ風…)
「…。」
どこの国の子ともわからない風貌、
サラサラの透けるような髪と、そばかすだらけの頬、汚れた手足。
どうしてこんな子供がここにいるの?
ってか、そもそも子供でも大人でも、こんなところに人がいるのがおかしいじゃん。
巡子は考えます。
「あのねー、ボク。ここで何してるの?」
「何言ってるの?最初から一緒にいたじゃない。」
「???」
えー???何このガキんちょ、訳わかんない!
巡子は混乱します。
えーっとえーっと、ビールを飲む前、ワタシは何をしてたんだっけ…?
いつも記憶が遠い昔のようだー。
コレは飲んでも飲まなくても一緒なんだけど。
「忘れちゃったの?一緒に飛んで来たじゃない。」
ニキはこう言うのです。


(立体造形 田原編)

ゆっくりと巡子は記憶をよみがえらせます。
ビールを飲む前、いや飲んでしばらくたってからの事を。

こんなに長い距離を飛ぶのは初めて。
そうしてわかった事が1つ。
飛ぶっていうのは、なにも無重力で浮かぶというわけでもない
という事なんだ。空気の中にも海のような「波」があって、
それに滑るように乗ることが「飛ぶ」ということになってるみたい。

飛んでいるとその波の手触りを感じる事が時々ある。
そしてその手触りの中に、いくつかの共鳴みたいな波を感じる事も
わかってきたんだっけ。
その共鳴はとても心地よく、緩やかな振動とビールの酔いで巡子は
眠りについたのでした。

「そういうことなんだよ」

ニキはまだなにも言っていない巡子の、その心に滑り込むように
また話し始めました。

「まだよくわかってないようだから教えてあげる。
多くの人は空を飛べないって思ってるよね。
飛べない現実を信じてるわけだよね?
だけど実はコインの表と裏みたいに、人は本当は飛べるっていう力が紙1枚
くらいの差でぴったりくっついてるんだけどね、そのことをみんなは普段
忘れてるんだよ。・・・巡子はそういうことにそろそろ気づいてると思うんだけど」

「え・・!? ちょっと待って、なんで私の名前を知ってるの?」

「そりゃ知ってるよ。空を飛べるの、この世界で巡子だけってことはないじゃない」

そう微笑みかけるニキの瞳の中に、巡子は少しとまどいつつも、
なぜかあたたかく、懐かしいものを感じたのでした。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:43 | 立体造形 田原幸二 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」 

(陶芸 河合編)

ぎゅうぎゅうづめに押しこんだリュックサックをかけて
旅する日々がはじまりました。
こんな感覚久しぶり。なんだか、妙にわくわくする。
まるでおとぎ話の主人公になった気分。
でもなんで、なんで私だけ空を飛べる能力があるんだろう・・・。
でもでも楽しい!!
「答えはあとからついてくるっていうしね、今を楽しむ。
よ~しっ。世界中を宇宙を旅すっるぞおおお。」
最初はおどおどしていた自分の心も、だんだん開放されてきました。
夜空に光るダイアモンドのお星さんも、黄金色に輝くお月様もみんな応援してくれています。
「お~い!もっとこっちに来いよ~」
金星さんがさけんでいます。
「もっとだ。もっと、左に旋回して。」
北斗七星さんも必死です。
「最初は気持ち悪いけどな、慣れてくるから」
おお、鳥さん。
巡子も大きな声で「あ~い、もうちょっと待っててね」と言いながら
でっかいでっかいお月様に向かって、びゅんびゅん上に上に飛びました。
「うっほほ~い、気持ちいい!!」
な~んて素敵な時間なんでしょう。
こ~んな世界があるなんて。
ほ~んとうに幸せだな~。
夢にまで見たキラキラ輝くお月様にうっとりしながら、これから行く世界について
考えてみました。
リュックの中にあったビールを飲みながら、気持ちいい風に包まれ眠りにつきました。
あれよあれよと風に流され、どうやらかなりの距離を移動したみたいです。
太陽さんがさんさんと輝いていました。
「寝ちまったぜ。さあ、ここはどこかいな?」



(陶芸 クロノ編)

「ねえ、ねえ。」
声がして目が覚めたのでした。
「???誰?」
見知らぬ子供が横にいます。
「オイラ、ニキってんだ。」
(妖怪人間ベロ風…)
「…。」
どこの国の子ともわからない風貌、
サラサラの透けるような髪と、そばかすだらけの頬、汚れた手足。
どうしてこんな子供がここにいるの?
ってか、そもそも子供でも大人でも、こんなところに人がいるのがおかしいじゃん。
巡子は考えます。
「あのねー、ボク。ここで何してるの?」
「何言ってるの?最初から一緒にいたじゃない。」
「???」
えー???何このガキんちょ、訳わかんない!
巡子は混乱します。
えーっとえーっと、ビールを飲む前、ワタシは何をしてたんだっけ…?
いつも記憶が遠い昔のようだー。
コレは飲んでも飲まなくても一緒なんだけど。
「忘れちゃったの?一緒に飛んで来たじゃない。」
ニキはこう言うのです。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:21 | 陶芸 クロノユキコ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 河合幸代 リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」


〈金属 板津編〉
突然、どう見ても怪しい紳士が現れました。
「君は未だ本当の自分を知らない。」
巡子さんは、驚きつつも紳士に尋ねました。
「貴方は一体どなたですか?!」
彼は言葉を続け、
「自分を知る為には先ず、飛ぶ事だ。」
巡子さんはいぶかしげに答えます。
「・・・もう飛んでいます。」
紳士は更に言葉を続け、
「先ず、このまま世界中を旅しなさい。そうすれば君は君自身の事を知る事が出来る。
何故、この世に生まれ、空を飛べるのか。
さぁ、行きなさい!!」
彼の言葉に急かされ、巡子さんは不思議と空の旅に出ようと思いました。
私は何故空を飛べるのか。
私は私を知らなければいけない。
行ける所まで行ってみよう!!
紳士も彼女の意志をくみ取り、言葉を繋げました。
「又、いつか会う時が来るであろう。さらば!!」
彼は空から一気に飛び降り、去って行きました。
巡子さんは決意を固め・・・
「あ、でもパスポートは無くていいのかしら・・・」
とりあえず、一旦自宅に戻り旅支度をしてから空を舞うのでした。

(陶芸 河合編)

ぎゅうぎゅうづめに押しこんだリュックサックをかけて
旅する日々がはじまりました。
こんな感覚久しぶり。なんだか、妙にわくわくする。
まるでおとぎ話の主人公になった気分。
でもなんで、なんで私だけ空を飛べる能力があるんだろう・・・。
でもでも楽しい!!
「答えはあとからついてくるっていうしね、今を楽しむ。
よ~しっ。世界中を宇宙を旅すっるぞおおお。」
最初はおどおどしていた自分の心も、だんだん開放されてきました。
夜空に光るダイアモンドのお星さんも、黄金色に輝くお月様もみんな応援してくれています。
「お~い!もっとこっちに来いよ~」
金星さんがさけんでいます。
「もっとだ。もっと、左に旋回して。」
北斗七星さんも必死です。
「最初は気持ち悪いけどな、慣れてくるから」
おお、鳥さん。
巡子も大きな声で「あ~い、もうちょっと待っててね」と言いながら
でっかいでっかいお月様に向かって、びゅんびゅん上に上に飛びました。
「うっほほ~い、気持ちいい!!」
な~んて素敵な時間なんでしょう。
こ~んな世界があるなんて。
ほ~んとうに幸せだな~。
夢にまで見たキラキラ輝くお月様にうっとりしながら、これから行く世界について
考えてみました。
リュックの中にあったビールを飲みながら、気持ちいい風に包まれ眠りにつきました。
あれよあれよと風に流され、どうやらかなりの距離を移動したみたいです。
太陽さんがさんさんと輝いていました。
「寝ちまったぜ。さあ、ここはどこかいな?」




▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:58 | 陶芸 河合幸代 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二(の妻)リレー小説「空飛ぶ巡子のふしぎな旅」

〈陶芸 阿部さん編)
巡子さんは、ふつうのどこにでもいるような女の人です。
ごく普通の家の生まれ、ごく普通の学校に行って、ごく普通の恋をしたり、ごく普通に働いたりしています。
ただひとつ、普通ではなかったのは、巡子さんは空を飛べたのです。
それこそ自由自在に。
ただ巡子さん自身はごく普通の生活に満足していたので、これまでとりたててその能力を活用することなくすごしてきたのです。
ときどき気晴らし程度に目立たないように飛んでみるだけでした。
ある日のことです。
巡子さんは空の高いところからのんびり滑空して秋の空気を味わっていました。
巡子さんを強引に大冒険に引き込んでしまう出会いが高い空の上であったのはそんなときでした。

〈金属 板津編〉
突然、どう見ても怪しい紳士が現れました。
「君は未だ本当の自分を知らない。」
巡子さんは、驚きつつも紳士に尋ねました。
「貴方は一体どなたですか?!」
彼は言葉を続け、
「自分を知る為には先ず、飛ぶ事だ。」
巡子さんはいぶかしげに答えます。
「・・・もう飛んでいます。」
紳士は更に言葉を続け、
「先ず、このまま世界中を旅しなさい。そうすれば君は君自身の事を知る事が出来る。
何故、この世に生まれ、空を飛べるのか。
さぁ、行きなさい!!」
彼の言葉に急かされ、巡子さんは不思議と空の旅に出ようと思いました。
私は何故空を飛べるのか。
私は私を知らなければいけない。
行ける所まで行ってみよう!!
紳士も彼女の意志をくみ取り、言葉を繋げました。
「又、いつか会う時が来るであろう。さらば!!」
彼は空から一気に飛び降り、去って行きました。
巡子さんは決意を固め・・・
「あ、でもパスポートは無くていいのかしら・・・」
とりあえず、一旦自宅に戻り旅支度をしてから空を舞うのでした。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 リレー小説「空飛ぶ巡子の不思議な旅」

こんにちは、阿部未来です。
なぜ阿部がここで登場なのかというと久しぶりのブログ参加作家がブログのお題を投げかける通称「めぐるホスト日記」の再開なのです。
そんで今回のお題はというと、なんとリレー小説!
さてどうなることなんでしょう?
ともあれ、はじまりはじまりー

リレー小説「空飛ぶ巡子の不思議な旅」

巡子さんは、ふつうのどこにでもいるような女の人です。
ごく普通の家の生まれ、ごく普通の学校に行って、ごく普通の恋をしたり、ごく普通に働いたりしています。
ただひとつ、普通ではなかったのは、巡子さんは空を飛べたのです。
それこそ自由自在に。
ただ巡子さん自身はごく普通の生活に満足していたので、これまでとりたててその能力を活用することなくすごしてきたのです。
ときどき気晴らし程度に目立たないように飛んでみるだけでした。
ある日のことです。
巡子さんは空の高いところからのんびり滑空して秋の空気を味わっていました。
巡子さんを強引に大冒険に引き込んでしまう出会いが高い空の上であったのはそんなときでした。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

12:42 | 陶芸 阿部未来 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑