ease店主 「由良しのぶ Exhibition 前日の様子」

どうも、ease店主です。
本日は明日から始まります作品展、
Yura Shinobu Exhibition 2010.5.1(土) -5.23(日)
の作品搬入と展示です。
由良展前日
由良さんらしいフォルムの作品たちが並んでいます。

現在の展示の状態は正直言いまして未完成。
明日初日、由良さんの在店日です。
この空間を使った展示の完成形(その1)を
ライブで楽しんでいただけることとなりました。
ただの準備不足ですって?
いえいえ、それが由良さんのExhibitionなんです。

皆様のご来店をお待ち致しておりマス!!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

23:58 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「結果、今月の店主的メインイベントは」

ゴールデンなウィーク始まりましたね、ease店主です。
皆様のご来店、アツくお待ちしております♪

前回のお題、歴史に興味がない作家さんはご苦労があったと思いますが
興味深げな人物はいるかな?と物色する店主には、参考になるお題でした。

もう間もなく4月も終わりますね。
今月は作品入れ換え休みがあり、
それが店主的メインイベントだと思っていました。
親知らずイラスト
休業中、左下奥歯が欠け詰め物が取れて歯医者へ行きました。
案の定、親知らずを抜くことを勧められました。
上2本と左下は抜歯済みでしたが、右下が残っていました。
横向きに生えたやっかいな親知らずのおかげで近辺が磨きづらく、
その理由で行く度にアツく抜歯を勧めてくれるのです。
そして…。親知らず手前の歯が虫歯になりかけていることを、
ご丁寧に発見してくれました。

実は右下の抜歯後、顔が腫れ激痛で数日過ごした恐怖体験が記憶に残り
まとまった休みが取れないことを表向きな理由に避けてきたわけですが、
もう避けられないと諦め、入れ換え休み中の今しかない
やるなら明日やっちゃってくださいってなことで…。

左下奥歯も仮詰めの状態、抜歯が右下、
一週間ほど両奥歯がまともに使えず、
腫れはなかったものの耐えるにキビシい鈍痛が続き、
結果、店主今月のメインイベントは親知らず抜歯となりました。

皆さん、歯は大切に。

そして明後日より始まりますよ、

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:48 | ease店主 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ「一番気になる歴史上の人物」

由良さんがいってたような
「一緒にお茶したり、様子をこっそり覗き見してみたい」
人物なんですが(笑)

エリック・サティ (1866-1925)
エリック・サティ画像
サティと言えばの「ジムノペディ 第1番」が睡眠導入曲の頃があった。
「歴史上の人物」というには違和感を感じるけど、
サティでいかせてもらいます。

「ウィキペディア」より抜粋。
フランスの作曲家で、ジャンルはクラシック。「音楽界の異端児・変わり者」などと称されるが、西洋音楽の伝統に大きな扉を開いた革新者とみなされている。ドビュッシーもラヴェルも、その多くの作曲技法はサティによって決定づけられたものだと公言しており、印象主義の大作曲家たちはサティへの尊敬の念をずっと忘れることはなかったほど、西洋音楽史上たいへん重要な人物である。
また「世俗的で豪華な唱句」「壁紙的な前奏曲」「〈犬のための〉ぶよぶよした前奏曲」「あらゆる意味にでっちあげられた数章」「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」「右や左に見えるもの~眼鏡無しで」「最後から2番目の思想」など、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られている。

上記下線部分を理由に興味を持っていたことを思い出した。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:13 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸由良しのぶ 「一番気になる歴史上の人物」

洗礼者ヨハネ

作業場の机の前の壁にいろんな絵画や彫刻などの写真やコピーを貼っています。
なかでもこのレオナルド・ダ・ヴィンチの「洗礼者ヨハネ」は目の前にどーんと鎮座ましますのでいつも目が合います。

今回のお題を聞いたときは、一番気になる歴史上の人物候補にナザレのイエスと釈迦をあげたかったのですが、だんだん、

まてよ、洗礼者ヨハネの方が気になるな・・・

と思いはじめて

いまでは、レオナルドの描いた「ヨハネ」の妖しげな微笑みにくぎづけです。

そもそも、「一番気になる歴史上の人物」というお題を「逢ってみたい歴史上の人物」という意味と勝手に解釈していて、
ご飯食べたり、近所の犬と遊んだりしているイエスを家の影からこっそり覗き見したかったのですが、そうではないそうで。


さて、暗闇から浮かび上がるヨハネは私に語りかけます。

「あなたの望むところへ連れて行ってあげましょう」

私の望むところ?

「それはどこですか」

「うふふふふふふふ」


謎めいている、あまりにも。

しかし、洗礼者ヨハネは沢山の画家に描かれていて、このヨハネが謎めいているのは描いたレオナルドが謎めいているからでは・・・

というわけで、最終的に一番気になる歴史上の人物はレオナルド・ダ・ヴィンチにします。

あえるのならば、美少年時代のレオナルドがいいなぁ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 陶芸 由良しのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり『一番気になる歴史上の人物』

一番気になる歴史上の人物
うぅぅん、、、困った!

とりあえず…、
スッカラカンの脳味噌の片隅でほんの少し気になっているのは
地図を作るために日本中端から端まで歩き回った伊能忠敬。


熱心なファンではないので多くは知らない…。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

05:56 | 布小物 松田かおり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑『お知らせ3つ』

告知3つさせて下さい。

1)地元のギャラリーで近所の作家さんたちとやっている恒例の
  ”円の会”春展が始まりました。
  10周年記念、作家福袋あり!
  2010年4月17日~6月27日(土日、祝日のみ開館)AM10~PM4
  窯垣の小径ギャラリー  愛知県瀬戸市仲洞町31

2)『さわれる美術展』中部盲導犬協会 40周年記念事業
  この美術展は、視覚障害者の方々にゆっくりと作品を楽しんで感じていただけるよう 
  企画された展覧会です。
  視覚障害者の為の用具展、映画上映会、盲導犬のデモンストレーションもあります。
  本日25日在廊しています。楽しみです。

3)土岐美濃焼まつり 今年も参加します!
  ease作家 石原Pさと子さんと他、人形作家四人で
  ユニット”よろず陶器マルフク”の名前でお店出しますので
  よろしく。店番66、67です。
  5月3、4、5日 GW最後の三日間です。
  詳しくは、土岐美濃焼まつりホームページで!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:28 | 陶芸 橋本緑 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑『一番気になる歴史上の人物』

(魯迅)改め(Mr.マリック)画像
高校の教科書より 
(魯迅)改め(Mr.マリック)

歴史...学生の頃は受験の為の、つまらない暗記科目だった。
ease店主同じく、授業中は教科書に落書きして過ごし
テスト前には、申し訳程度に、暗記マーカーで(赤いペンで緑の下敷きかぶせると見えなくなるやつ)
やたら赤く塗っては、結局覚えられずに終わった...。

歴史なんて知らなくても全く問題ないと思っていたが、
海外を旅するにつけ、これはまずい、と感じることが多くなった。

南米を旅したときの話。
星の入ったベレー帽を被った、
かっこいいおじさんのTシャツをいろんな町で見かけた。
”CHE"とか書いてあって。
ある日、店のお兄さんに聞いてみた。
『この人誰?』  
『......あのチェ・ゲバラを知らない奴がいるなんて!!!マンマミーア!!!』
てな程、びっくりされた。

キューバ革命?聞いたことあるけどなんだっけ?

日本に帰ってから本(ゲバラ日記)を読んでみた。
概要は分かった。でも何でこんな大変な思いをしてまで他国の革命を?と思った。

少し経って映画(モーターサイクル・ダイヤリー)が上映されたので観に行った。
ゲバラ役のガルシア・ベルナルがかっこよかった。ラテン・アメリカの支配される人々がわかった。

去年はCHEの二部作を観た。
映画の中でゲバラが、ゲリラ軍に入隊希望の幼い少年に言った一言が
心に残った。
『おまえは革命軍には入れてやれない。その代わり勉強をして賢くなれ。
銃がなくても別の方法で、革命は起こすことが出来る。』
そんな様なことを言っていたとおもう。

ゲバラは頭脳と使命感と力で革命を起こした。
若者は知識で。

私たち、ものつくり人は作品で
小さな革命が起こせたらいいなあ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:05 | 陶芸 橋本緑 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コラージュ spikarona 「一番気になる歴史上の人物」

Hijikatatoshizo.jpg


うちは、いつも父がテレビの権利を握っていました。
そのため、いつもうちのテレビは、
「太陽にほえろ」「西部警察」などの刑事モノか、
プロ野球・プロレスなどのスポーツモノか、
「遠山の金さん」「暴れん坊将軍」などの時代劇モノのどれかがやっていました。
そのせいか、私も幼い頃から時代劇が好きで、
年末になると放送される時代劇スペシャルを心待ちにしていました。

その時代劇にでてきていた人が実際はどういう人物だったのだろうか?と、
人物の本を色々読んでみたりしました。
そのなか、私が1番気になるのは「土方歳三」です。
新撰組は特に好きで色々な本を読みました。
最初は、近藤・沖田が好きで「鬼の総長」冷たい雰囲気の土方は嫌いでした。
でも、色々な本を読むうちに一番人間味溢れていて一生懸命に生きたのは土方なのだと思い、
今では、土方歳三が1番気になる人物です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

10:26 | コラージュ spikarona | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「由良しのぶ Exhibition」

日々の温度差、皆さん体調管理に気をつけてくださいね。
ease店主です。
只今作品入れ換えのため休業させていただいてます。

常設作家作品も入れ換わって、
新たな気分で明日24(土)から営業致します。

そして5月1日(土)から開催、作品展のお知らせです。

  ’10.5月由良展DM画像
Yura Shinobu Exhibition 2010.5.1(土) -5.23(日)

由良さんの世界観に触れる作品展。
オブジェ・花器・照明作品が並びます。

由良さんの在店日は 5/1(土) 4(火祝) 15(土) 23(日)。
最終日は 16:00までとなっております。
皆様のご来店をお待ち致しておりマス!!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

03:32 | ease店主 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 谷口奈輔子「一番気になる歴史上の人物」

歴史・・・・・・・・・・・・・
人物・・・・・・・・・・・・・
一番??????
・・・・・・・・・・・・困った

ちょっと気になるとか、ちょっと好きとか言えるけど、
一番て言うと、なかなか難しい。
なにせ 知識少ない。
と言うより 憶えてないんですよね。
そんなに知らないのに一番気になるて
恥ずかしくて言えないよ~!!
     
とは言うものの、誰かを。

子供の頃、平賀源内。
NHKのドラマの影響だったと思う。
その次、イエス・キリストとユダ。
映画の影響かな。

源内さんは、なんか不思議なもの作ったり
変なことしたり と言うイメージで
私のなかにある。

イエス・キリストは苦悩の人。
ユダはスイッチ。

なんじゃそりゃ と言われそうですが
人物ってことで考えて、その人物の感想なんです。




▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

04:00 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「一番気になる歴史上の人物」

一番気になる、というとこで早くも挫折しそうですが。

なんとなくいつも心に留めてるのが、中国の思想家墨子(もしくは墨擢←手篇を取った字が正しい)。
きっかけは酒見賢一著『墨攻』。その後、図書館で『墨子』を少しずつ読んで、紀元前とは思えない技術力と中国戦国時代の中での非戦論に驚かされた。
僕の『大ピンチが来ても、そこらへんのもんかき集めて工夫したらなんとか生き残れるはず』という考え方の根底にはいつも墨子がいるわけですよ。

bokukou

もしくは子路かな?
孔子の弟子。孔門十哲の一人。
乱暴者だけど孔子に愛された憎めない人。
こういう人になりたいと憧れたりしてました。
論語の中で孔子によく怒られてる人なので知ってる人も多いでしょう。

あぁ。また論語を読んでみようかなぁ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:06 | 立体造形 田原幸二 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「一番気になる歴史上の人物」

歴史はニガテ…。
世の中的に流行ってるけど…。
学生時代にやったであろうこともほとんど記憶なし…。


強いて興味があるといえば「チェ・ゲバラ」かな?
Tシャツの図柄でもメジャーなあの人です。

きっかけは映画や本。

チェの革命の映画
前編『チェ 28歳の革命』
後編『チェ 39歳の別れ』を観た。
これは革命家としてののチェ。

チェ39



その前には同じチェの若い頃の映画
『Diarios de motocicleta(モーターサイクルダイアリー)』を観た。
これは医学生であった頃のチェの物語。

南米の作家、「Reinardo arenas」の自伝的小説
『Antes que anochezca 』『夜になる前に』もチェの時代。
これはチェの革命の時代の
ゲイであることによって迫害されていた作家の小説。

antesque[1]

ちなみに配役はあの人!「ハビエル バルデム」
これは残念ながらまだ観てないけど。


まだよくわからないけど、興味ある人物の1人。

1つのことにしてもいろんな見方がある。

これからまだまだ続く。
じゃないとよくわからないから。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 河合幸代 「お知らせ」

東京・早稲田のギャラリーで


「器と絵のデコボコアート」展
 4月22日(木)~29日(木)まで
(水曜日休み)

 
 河合幸代 個展をさせていただきます。

 メッセージ

「人間・動物・植物・自然・宇宙などなど
 私たちを取りまく世界は、
 ザックザクの宝箱。
 この目に見える生命エネルギーの
 生き生きしたものを
 器の中や、オブジェの中にとじこめました。
 煌めき輝きあうポップなカップたち。
 そう、世界は素晴らしい!との
 心情を胸にものつくりをしています。
 でこぼこな仲間たちと
 カラフルな仲間たちの
 ポップで愉快な陶と絵のアート展」



☆デコボコなオチョコやぐいのみ
 カラフルな色なオブジェ
 油絵などなど
 展示いたします。


☆全国誌「美術の窓」5月号にも
 個展の案内が掲載されました。
 ぜひ本みてみてくださ~い。

☆ギャラリーガイド銀座にも個展案内が掲載されております。



☆東京・早稲田のギャラリーは、
 ガウディのような建築ですごくかっこいい建物です。


☆東京都新宿区早稲田鶴巻517 ドラード和世陀 1階

 http://www.oldtimes.jp


☆22日にレセプションパーティあります。
 夜20時から
 無料です。


☆毎日在廊してます。


皆様のお越しをお待ちしております☆☆☆
よろしくお願いいたします☆☆☆コピー ~ img260
img261.jpg

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

18:17 | 陶芸 河合幸代 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 河合幸代 「一番気になる歴史上の人物」

歴史上の人物 たくさんいますっ!!
今回ちょっくらノートに書き出してみました。

私が物を作るうえで大切にしていること。それは、挑戦するという心もちです。

この地球上に同じ人間として、生ききってきた偉人たちの言葉にものすごく感銘を受けてきました。
壁にぶつかったとき、勇気や刺激をその言葉のふしぶしから感じるからです。


「芸術には独創はいらない。生命がいる」 フランス彫刻家ロダン

「ひとつぶの砂にも世界を いちりんの野の花にも天国を見
 きみのたなごころに無限を そして ひとときのうちに永遠をとらえる」 イギリス・ウィリアム・ブレイク詩集

「英知は富であり、宝である」 スペイン建築家ガウディ

「私の永遠は、今、この瞬間なんだ。興味があるのはただ一つ、今自分がいる場所で目的を遂げること」
 アインシュタイン
 
「人間よ 気高くあれ」 ゲーテ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

言葉にどんな思いが含まれていて
どんな時代を生き抜いてきたのか
などなどを分析しながら 
自分の内側をみがいて 
いいものをつくっていきたい!

歴史上の偉大な人達からこれからも学びたいと思います。 

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

21:06 | 陶芸 河合幸代 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二「一番気になる歴史上の人物」

☆板津編☆
お休み中。。。

★板津妻編★
高校生の頃から気になっていた人は、婉容です。
この人にまつわる話は読めば読むほど気の毒で仕方無いです。
溥儀は「皇后としての地位に固執する女だった」という見解みたいなのですが、
まぁ、それもあるかもしれないケド「世継ぎ」を期待されて嫁いだ女性にこの人生はキツいと思います。
そもそも、結婚式から花嫁が二人居るわ、初夜は皆独りで過ごすわ、
文繡のように早々に離婚をすれば良かったのに。
紫禁城追放になった時「家財よりも人命を優先して皆で逃げましょう」と側近に言ったり、
文繡に嫉妬して敵対したり、
「月のモノが来ましたネ」と言った女官に八つ当たりしたり、
アヘンで髪も歯も抜けてしまっても友人と別れる時は泣いて悲しんだりしたそうなので、
基本的には凄く女性らしい人なんだと思います。
一方、夫である溥儀は彼女を避け、愛人を作り、産まれたばかりの子供も殺害させ、ソ連が攻めてきた時は自分の命優先で飛行機で逃げ去り(残った人には必ず助けが来ると嘘まで言ってる)・・・
女性側で読むせいか、結婚した相手があまりにも酷かった・・・と思ってしまいます。
そういえば彼女の名前は日本語読みで「エンヨウ」とずっと読んでいたのですが、溥儀の本で「ワンロン」と発音すると知りました。
因みに私の旧姓は中国語で
「ショウシャン シャーイェシャン」です。
覚えづら・・・

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「一番気になる歴史上の人物」

・・・って言われてもなー
何百年も前に死んだ人のことをイマサラ気にしても始まるまい。
・・・って思ってしまう。
いやいや、温故知新、ふるきをたずねてあたらしきを知るんだっけ・・・?

おもえば日本史とかは得意教科だった。
でもいろいろ考えてみても、これといって「気になる」人ってなかなかみつからない。
「好き」とか「面白い」とかと「気になる」ってのも、ちょっと違うような気がするし。

そんでね、結局「この人は気になる!」という人物。
ブッダ。というかゴータマシッタルダって言う名前なんだっけ?
その人が、ホトケサマってんじゃなくて、生まれてから死ぬまで何を考えててなにをしてたのかってことが、気になるなー、しいていえば。
ちょっとヒマになったら手塚治の「ブッダ」でも読んでみようかな。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:28 | 陶芸 阿部未来 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「一番気になる歴史上の人物」

第42回お題
「一番気になる歴史上の人物」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が
店主の出す「お題」について
ほぼ毎日ぐるぐると日記を書いていきます
このブログ。

ホスト役spikaronaさん、お疲れさまでした。

今回のお題は「一番気になる歴史上の人物」
大河ドラマの影響で、最近は坂本龍馬がもてはやされていますね。
それから歴史好きの「歴女」なんて言葉も聞きます。
店主は学生時代もっぱら
歴史上の人物の顔写真に落書きを楽しむ派でした。

日本史世界史問いません。
例えば、信長・秀吉・家康。
この中だったら誰に興味がありますか?

それでは皆さん、よろしくどうぞ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:01 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コラージュ spikarona 「入学式にまつわる話」

桜


かなり昔の事で、覚えていない!意見が多かったですね。
私も最後の入学から、かなりの年数経っています…。

幼稚園の時からいつも入学式で思うのは
「友達100人できるかな」です。

私は人見知りではなく、初めての人とでも結構普通に話せるほうですが、
知らない人ばかりの入学式は、さすがにドキドキ!

特に、高校・会社は同じ学校出身の子が誰も居なかった為、
一人ぼっちだったので「友達100人できるかな」とブツブツ…。
その念仏が効いたのか、たくさん友達が出来て幸せな生活を送れましたが。

もうそんなドキドキは終わったかと思いきや…。
今度は子供の入園式で「ママ友100人出来るかな」と!!!

いくつになっても新生活が始まるって事は、
新たな人たちとの出会いがあるわけで!

やっぱり入学式は希望に胸を躍らせつつ、新鮮なドキドキがありますね。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

09:39 | コラージュ spikarona | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス PRATO PINO 「入学式にまつわる話」

 保育園、小学校は 入学式はあまり憶えていませんが、
中学校、高校、短大の時は 色々な人がいるな~と
 見てた感じがします。
当たり前ですが 色んな所から集まるから色々な人がいますよね

で、ファーストコンタクト、初めどう接するか? みたいな(笑)
保育園、小学校の時と違う緊張感がありました。

よく思い出すのは 小学校 俳優の伊藤英明君と同級生で
彼とは他の中学校で 高校は 同じ学校でした。
 再会した時、お互い よく分かってるし、意識してるのに 
思春期ならではの 「男」 の 恥ずかしさで知らないそぶり、話しかけられず、
その後 全くしゃべらず、高校3年間は 全く喋らなかった。
卒業後すぐ、ボーリング場でばったり再会した時 
普通に話し掛けてきてくれてビックリしたの覚えてます。
思春期だったんだな~と 彼をTVで見る度によく思い出します(笑)
 保育園で一番仲良かった子も 中学校で再会したけど 全く喋れなかったな~ 
本当はすごく楽しみにしてたのに・・・

「入学式」って 新たな仲間と 生活を共にしはじめる日です。 
 入学式は 思春期の照れ臭い感覚がプンプンの
ファーストコンタクトの場面を思い出します(笑)


☆栄治


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

09:49 | ガラス PRATO PINO | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 伊藤実穂「入学式にまつわる話」

入学式から連想するのは、校門+桜の木をバックに大きめの制服を身にまとった写真でしょうか。

入学式について思い出そうとしたのですが…何も出てこず…しかし、小学校入学直後の思い出がよみがえってきました。
それは登校前の出来事です。大きくて重たいランドセルを背負って、集合場所へ向かいました。周囲はブロック塀。まだ数人しか集まっていない為、私は重たいランドセルをどうにかしたくて…ブロック塀にもたれていたのです。
そこへ、心配だった母が登場。私をみるなり『ギャアー』っと叫んだのです。
『へっ?』と思っていると、真新しいランドセルには傷が…
まあっ、そのランドセルも卒業の時には六年の歴史を刻んでいましたが…

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:01 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸由良しのぶ 「入学式にまつわる話」

入学式の想い出は、卒業式ほどありません。

友達100人できるかな

とわくわくどきどきしましたね。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

21:04 | 陶芸 由良しのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田かおり 『入学式にまつわる話』

入学式…どんなんだったかな?

確かカチンコチンに固まった表情で玄関先でランドセルを背負って立つ姿がアルバムにあったような気がします。
ピカピカの一年生は、何を考えてたのでしょうか…?
ずいぶんと前の事なので忘れてしまいました。。。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:06 | 布小物 松田かおり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑 「入学式にまつわる話」

20100410195017
母にとっては“魔”の
私にとっては“ちょっと得したような”
入学式の思い出があります。

その日、母のおめかしが終わるのを家の外で同じ幼稚園に入園する友達と待っていました。
しかし、なかなか出て来ない母にシビレを切らした私達は「先に行っとこっか」と母に声も掛けずに(ここが子供だなぁ)幼稚園に行ってしまいました。
そして、幼稚園の前にある河原で遊んで待つことにしました。
一方母は、消えた幼児二人を探して、方々連絡したり…
それでも見つからないので、ついにお巡りさんにも協力してもらい
結構大騒ぎだったようです。

時間は刻々と過ぎ、入園式も終わってしまい、園から出てきた父兄さん達によって、「河原で遊んでる子供がいる」とやっと発見、捕獲。

その後、特別に二人だけの為に入園式をしてもらい、
先生方には初日から名前を覚えてもらって、子供心には“何かラッキー”な思い出だったのですが、
今改めて思うと、母にはとても心配掛けて、気の毒だったなぁと反省する次第です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

19:45 | 陶芸 橋本緑 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ 「入学式にまつわる話」

桜の画像
画像は今年の桜、桜はやはり良いものです。
最近は温暖化の影響で繰り上がったりしていますが、
入学式といえば桜、ピンク色。

先日、ピンク色の模様の入ったコートを着て
ピンク色の帽子をかぶっていたら
「なんでピンク?」と友人に聞かれた。
この質問自体どうかと思うけど、
これが入学式の記憶の1つとつながるきっかけとなった。

アルバムの中にあった1枚の写真。
着物を着た母が歩いて行く後ろを、
ピンク色のワンピースを着た私が歩いて行く。
横から撮られた写真だけど、
歩きながらカメラ目線で舌を出し、ふざけた顔をしている。
(この頃から写真は苦手だった)
ピンク色のワンピースに白いタイツにおかっぱ頭で、
私は母と共に小学校の入学式へと向かう。
(ちなみにその後の記憶は皆無)

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:13 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物谷口奈輔子「入学式にまつわる話」

入学式には何着ます?

保育園や小学校は記憶無し。
中学校、高校は制服だった。
大学はスーツだった。

PICT0029.jpg

自分の時は遠い昔。
子供達のも終了。
着る物は制服、
もしくはスーツのようなのと一緒な感じ。

式には親も行くわけで(私)
だいたい紺のスーツか礼服なんだけど
他の方々、結婚式?みたいな服とかでちょっとびっくりした。

で、娘の入学式に最後かなと思って着物着ました!
写真も何もないのですが、満足しました。(着物好き)


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:47 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「入学式にまつわる話」

入学式!!
なんか久々に聞く日本語な感じがしました。
最近、口にも出さんもんなぁ。

最後の入学式は大学。
しかも4浪した後でなので、その時すでに22歳でした。
上級生はほぼみんな年下で、なんかめんどくさいなぁ~とか思いながらも
記憶に残っているのは、教室に1クラス15人の新入生が並んだところ、
僕と全く同じ姿の人がいたということでしょうか。

同じ白のTシャツ、ジーンズ履いて、またジーンズ地のシャツ着て、
バッグも同じような肩掛けのもの。。
なんか驚くというよりも、その同じ加減になんか気まずい感じだった。

でもなぜかその彼と不思議と仲良くなった。
話すととても僕と中身は違ってて興味深い人物だということがわかった。
その後、中国を共に旅したりして、義兄弟みたいなことにもなった。
学校出てもなんとなくお互いの活動を気にしあう感じ。
縁というか、不思議なもんを感じましたね。

その彼は今は彫刻を作ったりはしてないけど、同じ時期にインドに渡り、
様々に勉強した上で、今は実家でカリーを作っている。

お店の名前はJR上郡駅そばのヨット
住所:〒678-1233 兵庫県赤穂郡上郡町大持168-1
電話:0791-52-0911

見た目は普通の喫茶店(らしい)。
というのも、実はまだ僕は行けてません。
でも行けてないのもなにかの縁というか、まぁ、そういうもんです。

きっとこの彼のカリーは美味いです。
なにかの用事で姫路か赤穂に寄られた方はぜひ行ってみて欲しいなぁ。

お~い、沖くん、元気かなぁ~。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:26 | 立体造形 田原幸二 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「入学式にまつわる話」

入学式…。

あまりに昔すぎて覚えていないので
困った、困った…。


1番最近の入学式は10年くらい前の
訓練校入学式。


当時はりきって?ハヤリ?の
編みタイツを履いて行った。


しかしその後、すぐに作業服生活が待っていた…。


あのよくわかっていなかった当時を
思い出すとちょっとニヤケる。








▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 陶芸 クロノユキコ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 河合幸代 「入学式にまつわる話」

コピー ~ IMG_1117

「入学式にまつわる話」・・・

う~んと、う~んと、
考えてみたけど、思い出してみたけど

まったく記憶にない。

なので、

入学式と聞いて思い出す歌は、

♪ドッキドキド 一年生♪
♪ドッキドキド 一年生♪

これがリピートしてるくらいかな。

あとは、
私はなにか催し事があるたび、すごく緊張してしまう人間なので
たぶん
入学式の時も毎回緊張していたのかなって思う。

でも思い出せないってことは、そうでもないのかな。

どっちやねん。
って突っ込まれそうなので、今日はこのへんで終了したいと思います。

にひひ。。。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:19 | 陶芸 河合幸代 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二「入学式にまつわる話」

★板津編★
・・・申し訳ありません。
今回はお休みします。 妻・代筆

☆板津妻編☆
①幼稚園入園式
 ・・・全く記憶にございません。
②小学校入学式
 家の目の前が学校だった事もあり、親友が「同じクラスだネ!!」と喜んでくれてる一方で、
 名前順では「狩生(旧姓)」は3番目なのネ、と思いました。
③中学校入学式
 何かこの学校合わなさそう・・・と、思いながらも教室に入った瞬間に友達ゲット。
④高校入学式
 エスカレーター式なので「早くこの学校から卒業したい・・・」と願った。
 友達には恵まれたから良かったケド、学校の方針が気に入りませんでした。
⑤大学入学式
 行きたかった大学なのでワクワクしながら行ったものの、靴が合わず痛くなり、
 裸足でいいから早く帰りたい・・・と願った。
 初日から喋りまくり、友人が出来ました。
・・・入学式、親友を作るのに夢中で、お偉い方のお話を何も聞いてないような・・・
因みに、入学式は椅子が用意されていますが、始業式や終業式はいつも貧血で運ばれていました(汗。。。) 

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「入学式にまつわる話」

入学式・・・ってしばらく考えてみたもののおびただしくぴんとこない。
そういう節目とかセレモニーとかってぜんぜん興味ないんです。
ようやく思い出したのは「たしか・・入学式のまえに初制服姿を自宅玄関の雪やなぎの前で写真とってもらったはず・・・でもその写真がどんなだったかはとんと思い出せない・・・」


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

03:57 | 陶芸 阿部未来 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑