ease店主 「ネコ祭その3」

先日食べた栗ごはん、美味しかったなぁ。
ease店主です。

本日も早速ネコ作品のご紹介。
陶芸 豊島・P・さとこ作品。
陶芸豊島・P・さとこ ネコ皿

絵画 小川惠美子作品。
絵画小川惠美子 こんにちは
作品名「こんにちは」

陶芸 クロノユキコ作品。
陶芸クロノユキコ 招き猫大陶芸クロノユキコ ネコ
左:招き猫大 右:寝ネコ、丸まりネコ

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:15 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「ネコ祭その2」

以前より(牛)肉が胃にもたれるなぁと感じ、
少々せつないease店主です。
では、本日も早速ネコ作品をご紹介。

陶芸 阿部未来作品。
陶芸阿部未来 闇猫・光猫
闇猫・光猫

陶芸阿部未来 招き猫陶芸阿部未来 青猫
左:招き猫 右:青猫

陶芸 橋本緑作品。
陶芸橋本緑 招き猫画像陶芸橋本緑 ポストカード画像
左:招き猫 右:ポストカード

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:27 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「ネコ祭その1」

今年はもっぱら食欲の秋。
どうも、ease店主です。

ネコ祭の画像
只今開催中の第三回「ネコ祭」
その様子の一部を3日に分けてご紹介させていただくにゃ~。

ネコヘルメットの画像ネコガチャガチャの画像
左:ネコヘルメット 右:ネコガチャガチャ(故障中)

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:16 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ 「展覧会にまつわる話」

印象深かった展覧会の話。
何年か前に豊田市美術館で観た「ソフィ・カル展」
何かのついでにたまたま観た展覧会。
ソフィ・カル展テキスト画像
いつものごとく、説明や解説を読まずに作品を見ていった。
女性の顔写真、海の写真と添えられた文章。
「私が見た最も美しいもの、それは海です。視野の果てまで広がる海です。」
ふーんと、いくつか眺めていく。
「男の人がブロンドの髪をして、目が青いと聞くと…」
「最も美しいものは、この絵です。義兄の言うところでは、船の絵だそう…」
……入口まで戻った。

「私は生まれつきの盲目の人々に会いました。
 彼らは決して見たことがありません。
 私は彼らに、美のイメージとは何かを尋ねました。」

…魚。何分もの間ずっと水槽の前で立ち止まることがあります、
 とても美しいから。
…断崖の上に人気のない丘があります。
 この荒涼とした風景の美しさに心を打たれました。
…私の家は美しい。全部ひとりで選んで飾りつけました。
 寝室の天井は青にしたいと思いました。くつろいだ、温かい色だから。
…生活を共にしている男性が、私の知っている最も美しいものです。
※部分抜粋文

この「盲目の人々のテキスト」を見ると、
うまく言い表せない緊張感ある感覚に包まれる。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:09 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸由良しのぶ 展覧会にまつわる話

展覧会の思い出
前回のお題に引き続き京都国立博物館でのことです。
数年前の特別展示です。仏像が多数ある中で、ひときわ美しい、そしてびっくりするほど重量を感じさせない観音菩薩立像が展示されていました。
まるで、今しも天から舞い降りたような軽さでした。
私はうるさい虫みたいに近付いたり離れたり構図をとったりして、興奮して周りをうろついていました。
しばらくして、お客さんの後ろから離れてみていたら一人の年配の女性が目に入りました。その人は立像に手を合わせていました。
衝撃を受けました。そして急に恥ずかしくなりました。
同じ仏像をみても、私とこの女性では全く違うものが見えているに違いありません。心がみせている姿はどんなに美しいのでしょうか。
それから菩薩様を見上げると、さっきよりも微笑んでおられるようでした。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

17:59 | 陶芸 由良しのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田かおり 『展示会にまつわる話』

記憶に強烈に残っているのは、子供の頃叔父に連れて行ってもらった博物館!?


色々見たと思うのだけど記憶にあるのは、ガラスケースに入ったヒトの頭のミイラのようなモノ。

干からびたヒトのアタマをなんで展示するんだょぉ。気持ち悪い!
って思っている私に、
せっかく来たんだからちゃんと見ろ~!と笑いながら言う叔父の言葉に、
叔父さんって性格悪いって思いつつ
恐る恐る見たような気がします。。。

干からびたアタマ…もうちょいとステキナモノを記憶に留めて置きたい…。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

14:36 | 布小物 松田かおり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本 緑 「展覧会にまつわる話」

展覧会をすると決まって痩せる。と云うかやつれる。

初めての個展は、どれだけ作品を作れば足りるのか、

搬入日から逆算して、どんなペースで制作すれば間に合うのか、

そうゆう事、予想が出来ず

かなり根を詰めて工房にこもった。

料理も買い出しもめんどうなので、大きな鍋にスープまとめて作ったり。


最近は、スペースに対しての作品の量はイメージ出来るようになったが

未だ時間管理が出来ない。

お茶を飲んだり、ぼっけとしている時間が多い。

 ああ...工房にタイムカード付けて、あと、管理職の人がいたら!

もっとテキパキやれるのか?....などと無駄なことを考え

そして少しやつれ、なにはともあれ今回も無事、展覧会が始まります。

どうぞヨロシク。

10月展裏
             DM写真クリックすると大きく見られます。

山梨の木工作家、小林 順さんと土器動物のコラボ展です。

2009.10/24~30 am11:00~pm5:00
ギャラリー五恵夢  
埼玉県草加市青柳4-36-20

URL http://goemu.net/



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:22 | 陶芸 橋本緑 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コラージュ spikarona 「展覧会にまつわる話」

ぐりとぐら
ぐりとぐら2

前回の美術館・博物館と同じく、
あまり展覧会に行く機会に恵まれず…。

一番最近の展覧会と言うと、1年半位前に
岐阜県美術館で開催された
「ぐりとぐらとなかまたち・山脇百合子絵本原画展」へ行きました。

ぐりとぐらの絵本の原画や、未公開作品がいろいろ展示されてました。
絵本で見慣れている絵を原画で見ると、新鮮な印象を受けます。
描かれている線や色を見ていると、中川さんの想いや息づかいが伝わってくるかのようで。

原画の下に、実際の絵本も表示されているので、内容がよくわかるようになっていて、
とても良い展覧会でした。
また、絵本の原画展が近くであったら、是非足を運んでみたいと思っています。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | コラージュ spikarona | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス 中島美春「展覧会にまつわる話」

展覧会の思い出、
谷口さんからの痛い記憶つながりで。


何年か前、名古屋市美術館へピカソ展に行ったとき、
とにかく 人、人、人・・・

絵を見るというより、後ろから人の頭を眺めるって感じ。
そんな中でもチャンスを狙って最前列へ。


わたしは特に気になる絵は近寄ってじっくり見たい派。
正面から斜めから下から。

係りのオネエさんがやって来て
「近すぎるから離れてください」
と注意されてしまった。

・・・あらま、
ごめんなさい。

恥ずかしかったし。



そういえば、最近展覧会へ出かけてないです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:21 | ガラス 中島美春 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 谷口奈輔子「展覧会にまつわる話」

展覧会の思い出に、痛い記憶があります。

子供の時、彫刻を見てた時。
まるでそこにあるようで、人物のまとう衣装も
本当に、布のようでした。
そこで、言葉足らずな子供は
「本物みたい!!」
と感嘆の声をあげたわけです。
静かにしてればよかったのに、、、
側にいた母にそっと二の腕をつねられました。
本物みたいと言う言葉がまずかったようでした。
今思えば、、ですが。

石なのに布に見えたことの印象と痛みによって
その彫刻の衣装部分が思い出されます。

あと彫刻の記憶は、
ルーブル美術館へ行った時、そんなに時間とれないので
とにかく、サモトラケのニケを見たくて見たくて、、
なんか他のものの記憶がないです。

ゆっくり展覧会見に行きたいなあ。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:44 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「展覧会にまつわる話」

展覧会にまつわる話。

いろいろ考えてましたけどなかなか思いつかんかったです。

思えば毎回搬入前に

「もうこれで展覧会なんてやめよう」

となどと思うことがあります。

でも搬出の時には

「またできればやってみたい」

などと思ったりしてしまいます。(勝手だなぁ)

結構1回1回そんな感じなので忘れることも多し。

今は少し展覧会から離れてる身なので
なんかこんなことしか思いつかなかったです。

娘がやがて保育園か幼稚園に行く日のことを
『約束の日』と呼んでいます。
また作る日々、復活したいなぁ~。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

08:30 | 立体造形 田原幸二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「展覧会にまつわる話」

最近は行こうと思った展覧会も
行きそびれてばっか…です。


なので?前回の続き。
ダリ。


いろんなのがあって楽しい。
写真撮れると楽しい。


dali M
                  外観 たまごとパン?


dali 2
                       ダリとクロノ


dali 3
         宝石も

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:01 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「いなおかひろみ作品展」

どうも、ease店主です。

只今1階にて開催中
「いなおかひろみ作品展 -土鍋と小物たち-」のご紹介。
いなおか展全体画像
今年もほっこり作品が並んでいます。
下の画像は土鍋の取手部分。
土鍋フタシロクマ画像土鍋フタイヌ画像
土鍋フタブタ画像土鍋フタワニ画像

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二 「展覧会にまつわる話」

★板津編★
展覧会・・・。
自分の作品の展覧会・・・。
場所探し・・・。
場所選び・・・。
お金に余裕があれば・・・。
しくしく。

☆板津妻編☆
印象深かった展覧会は、
2006年、東京藝術大学大学美術館の企画展
ルーヴル美術館展-古代ギリシア芸術・神々の遺産-
です。
古代ギリシア美術専攻だったので、見に行かんと☆
と、見に行ったら面白い!!
おぉっ!!この彫刻も日本に来てる!!こっちも!!あら、こっちも!!
スライドで見た作品が目の前にある嬉しさ!!
で、途中で気付きました。
あれ、何でこんなに分かりやすくて知ってる作品ばかりなんだろう・・・
説明書のパネルも知っているモノばかりだし・・・
カタログを購入してやっと理解しました。
福部信敏先生(大学1年の時に西洋美術史を教えて下さり、後に東京藝術大学の教授になられた)と中村るい先生(大学3年から研究生まで講座で大変お世話になった)が関わっていました。
自分の好きな分野をこれほど楽しく見る事が出来た企画展はこれが最後かもしれません。
その数ヶ月後、福部先生の訃報を知りました。
心よりご冥福をお祈り致します。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「展覧会にまつわる話」

「展覧会にまつわる話」それなりいろいろ印象に残る展覧会はあって、何のことを書くか悩むところですね。
なので今回はつい最近見た中で印象に残っている展覧会の事を書こうと思います。
今年の始め頃たまたま見つけて最近のお気に入りなのが東京六本木の東京ミッドタウンという、行くのが気恥ずかしいような立地にあって「21_21 DESIGN SIGHT」というたいへんしゃらくさい名前で、おまけに入場料を1000円も取られるギャラリー・・・かな?美術館ではない気がするし、
とにかくわたしゃそこが最近気に入ってて、東京に行く機会があるたびに足を運んでいます。
といっても今までに二回行っただけですが。
この夏に見に行ったのは「骨」という展覧会で、美術ばかりじゃない分野の人が「骨とは何か?」と考察した様々な作品を見ました。
見た目が骨っぽいかどうかじゃなく「機能としての骨」にどちらかというと焦点をあてた展示だった(と思う)せいかすごく多様で考えさせられるおもしろい展示でした。
これを作った人にとってはこれが「骨」なんだ。
という、ものを作ったり開発やデザインをしている人ならではの感覚を「骨」というテーマを通して垣間見れてすごく興味深い展覧会でした。
学生の頃は私はデザインという分野にはあまり興味がなかったのですが、こうしてみるとデザインっておもしろいなーと思いました。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:56 | 陶芸 阿部未来 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「展覧会にまつわる話」

第30回お題
「展覧会にまつわる話」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が
店主の出す「お題」について
ほぼ毎日ぐるぐると日記を書いていきます
このブログ。

今回のお題は「展覧会にまつわる話」
ゲージュツの秋、
前回「お気に入りの美術館・博物館」につづくお題です。
最近行った展覧会の話や
過去印象深かった展覧会の話などなど。

それでは作家の皆さん、よろしくどうぞ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:03 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ「お気に入りの美術館・博物館」

時々行きたくなる美術館のひとつ。

原美術館HP内の画像

原美術館
東京品川の閑静な住宅街にある
邸宅を活用した私立の現代美術館。
1930年代のヨーロッパモダニズム建築を
取り入れた建築(1938年竣工)で、
昭和初期の建築史上に貴重な存在…だそうだ。

原さん家…というにはあまりにも立派な邸宅だけど、
閑静な場所や建物や庭やらがかもし出す雰囲気が、
非現実的要素を身近に感じさせてくれる気がする。
「私はすべてを含み、そしてすべてに含まれている」
混沌とした安らぎに包まれた時を過ごせる場所だ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:06 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス PRATO PINO 『お気に入りの美術館・博物館』

☆栄治

 ん~~~ あまり思いつかないです
お気に入りの美術館、博物館!と言うほどでもないので困った

お気に入り・・・
思い出に残る展示(常設)という事で
勝手に 「科学館」 に変更させて頂きます

 「 岐阜科学館 」 ← ボールの運動 というのがあるんですが

すごく記憶に残ってる 
パチンコ玉が ジェットコースターの様に転がり落ちていく
ずーっと見てられる感じで お気に入りの展示

ピタゴラスイッチの仕掛けを見るのも好きなんですが
そんな感覚

小学生の頃は
遠足でも行ったし、毎年 夏休みの工作の展示とかでも行ったかな
最後に言ったのは高校の時かな(横の岐南工業高校卒)

今度、帰省の時は 子供達を連れてこうと思いました

11月29日まで プラネタリウムの企画が面白そう
9月に家族で帰省したのですが 見に行けばよかった


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:07 | ガラス PRATO PINO | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 伊藤実穂『お気に入りの美術館・博物館』

お気に入りの美術館というよりは…自分の名前と同じ美術館。
MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)滋賀県甲賀市信楽町にあります。

数年前、信楽に行った時に名前と同じ美術館ということで立ち寄りました。
山の奥深くに「本当に美術館があるのだろうか?」という所に突如周囲とは異質な建物が現れます。

入場料を払う→電気自動車に乗り込む→トンネルを抜ける→展示館が現れる

中に入るとなんだか今まで美術館では感じたことのない不思議な感覚に襲われます。どちらかといえば博物館みたいな…

閉館間際に入り、かけ足で見てきたのですが、もう一度行く事があっても、他の美術館とは違い長居したいとは思わないかも…

お気に入りの美術館というよりは…不思議空間の美術館です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:05 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 由良しのぶ 「お気に入りの美術館・博物館」

京都国立博物館http://202.223.183.4/
本館の煉瓦造りの建物を小学校の写生の時間で描きに来たり、
夢見るベルバラ少女の頃にあの建物からオスカルやマリーアントワネットが出てくるところを妄想してみたり、
通学路に静かに建っていて青春の風景になっていたりと
昔から子供たちの成長を見守り続けるお月様のようなそんな印象の場所でした。
写真は暗くて見えにくいですが、夜の京都国立博物館表門から、ライトアップされた本館を写したものです。
昼間とはうって変わってこの辺りの夜はとっても静かです。夜間入館できる特別観覧日もあるようなので機会があればどうぞ。
夜の京都国立博物館表門から
現在は平常展示館立替工事の為に平常展示が観られないのは残念なのですが、あの微笑の素敵な弥勒菩薩様にまたお会いできますように。

大阪市立東洋陶磁美術館http://www.moco.or.jp/index.php
こちらの収蔵品で朝鮮時代の陶磁「白磁壺(Acc.No.21519)」が好きでふらりと見に行きます。
この「白磁壺」は昔盗難に遭い、更に粉々に割れてしまったそうですが、
戻ってきた後に見事な修復で復活してまた展示されていたのでした。
そんな受難はそのお姿からまったく想像もつかず、ただおおらかでした。
陶芸の世界に興味を持ち始めた頃にこの壺をみて、このやきもののようなおおらかさに見も心も包まれたいと思いました。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:00 | 陶芸 由良しのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり『 お気に入りの美術館、博物館』

某テレビ局の日曜美術館。
解説付き!
行く手間も省け、ヒトがワサワサいないし、絶対に行かないであろうと思われるタイプのもヘェ~ッと観ております。

出無性な私にぴったり!
家での~んびりと観れるっていうのがいいのです。
冒頭と最後に出てくる男性の声と語り口が素敵です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

06:10 | 布小物 松田かおり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑「お気に入りの美術館・博物館」

マコンデ美術館

musc4.gif
お伊勢さんの近く、二見浦にある個人美術館です。
アフリカ、マコンデ高原に住む人々は
最初の父親が黒檀の木を彫って最初の母親を創った、
という伝説を持っているそうです。
そんな彼らが創る奇妙にうねった黒光りする彫刻たちは、
力強く、おおらかで、見ていて楽しくなります。


メキシコ国立人類学博物館



メキシコシテイの大きな公園内にあるイカした博物館。
建物の中央部に巨大キノコのような物が立っていて、その笠部分から
滝のように水が落ちていてダイナミックです。

それを囲み、メキシコの古代遺産が展示されている。
特に土器の数々が面白く、器のデザインもアバンギャルドで、
とてもはるか昔の方々が作った物とは思えません。

今回、博物館の画像を探していたら、笑えるページ見付ました。
世界一周旅行をした、さわこさんという方のブログで
博物館のおちゃめな人物土器達をセリフ付で紹介しています。

google検索で  国立人類学博物館 セリフつき!編  と入れると出てきます。

これを見たらきっと、あなたも行きたくなるはず!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:10 | 陶芸 橋本緑 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コラージュ spikarona 「お気に入りの美術館・博物館」

くも


お気に入りの美術館・博物館…。
残念な事にあまり国内では行く機会が訪れず…。
国内では、ほとんど行った事がないです。
海外では結構行くんですが…。

私のお気に入りの美術館は、ヨーロッパにたくさんあります。
その中でも一番印象深いのは、
イギリスのロンドンにある「テート・モダン(Tate Modern)」です。

テートモダンはコンテンポラリーアートがたくさん。
元々は火力発電所たったのを近代美術用ギャラリーへと改造してあるので、
建物は少し不思議な感じがします。
私が訪れた時はホールに、長い足が黒光りする高さ9mの巨大な蜘蛛が展示してあり、
不気味に思いながらも、1時間くらい眺めていました。

見たことはないのですが、聞いた話によると今は東京の六本木ヒルズにも同じ蜘蛛がいるとか…。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | コラージュ spikarona | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス 中島美春「お気に入りの美術館・博物館」

最近行って良かったな~
またゆっくり行きたいな~ 
て思うのは、

ちょっと遠いのだけど静岡の
クレマチスの丘
「ヴァンジ彫刻庭園美術館」

ヴァンジ

とにかくロケーションが素晴らしい。
建築物と作品と庭園が見事に融合。
一日のんびりと楽しめる場所。


一番好きな色


クレマチスが見頃の時期、
もう一回行きたいなぁ。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:01 | ガラス 中島美春 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 谷口奈輔子「お気に入りの美術館・博物館」

お気に入りですか・・・
場所で考えたことなくて 困りました。
見たい催し物があって、
そこに行く時間があると
行くっていうのが 今までのスタンスでして・・・
でも、ミュージアムショップは回数行ってるかなあ。
近場のガラスの美術館とか。

街の中にある 骨董屋さんやショウウインドー、
ながめて歩くことも たまにあります。
    (観光客ごっこ と呼んでますが)
あまり身構えることなく観賞しています。

美術館・博物館 行くと なんか隅々まで見たくなって
時間足りなくなって 焦ること多いです。
物覚え悪いんだけど、全部見ないと気がすまない。
貧乏性ですね。
脳みその、どっかに引っかかってくれてると うれしいかな。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「お気に入りの美術館・博物館」

minpaku
僕が好きなのは、大阪の吹田市、万博公園内にある国立民族学博物館ですね。
ここは結婚前からデートコースでした。
船、器、仮面、人形、武器、楽器、家。。。
素敵なモノだらけ。みんな欲しくなる。

なにかに行き詰まったり、作るのが嫌になったりした時ここに来ると、
人間のもの作りのすばらしさを再確認できますよ。
1度入ったら閉館までどっぷりいます。
貴重なビデオも半券使って見放題。 できればここに住みたくなります。





▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 立体造形 田原幸二 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「お気に入りの美術館・博物館」

豊田市美術館。
庭や建築も素晴らしい。


ピカソ美術館、ミロ美術館、ダリ美術館。
作品の写真を撮れるとなんだかうれしい。

dali1


口は実はソファー?
dali2


個人の美術館が好きかも。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:27 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二「お気に入りの美術館・博物館」

★板津編★
川村記念美術館かなぁ。
最近行ってないけど・・・。
ロスコが好きっていうのもあるけど、
なんか、雰囲気がいいから好き。
遠いけど・・・。

☆板津妻編☆
お薦めは?と、聞かれたら私の場合は国立科学博物館です。
恐竜の骨の展示は面白いし、忠犬ハチや南極基地にいたジロの剥製が確かあったような・・・
(うろ覚え。。。)
生物が好きなせいか、常設展は凄く面白いです!!
一方、科学は苦手で、音がどうやって伝わるかとか説明を読んでも
「・・・意味が分からん。何でぇ?」
と、独り事を言ってたら隣に居た小学生が説明してくれました。
(※当時の私は大学生)
それでも分からない私は相当頭が弱いのかもしれません(汗。。。)
国内・海外問わず、博物館・美術館巡りをしたいです☆☆☆

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「お気に入りの美術館・博物館」

お気に入りの美術館といえば私の出身地の香川県の美術館を挙げたいところなんだけど
(香川県にはぜひとも推奨したいすごい美術館がいくつかある)
実際にわたしの一番お気に入りの美術館はというと
「豊田市美術館」なんだな
豊田市美術館のすばらしいところは建築とかコレクションとか企画展とかいろいろあってアレコレ書き出すととまらなくなるのでここは豊田市美術館のある夏の思い出を書くとしよう。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:11 | 陶芸 阿部未来 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「お気に入りの美術館・博物館」

第29回お題
「お気に入りの美術館・博物館」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が
店主の出す「お題」について
ほぼ毎日ぐるぐると日記を書いていきます
このブログ。

今回のお題は「お気に入りの美術館・博物館」
国内外、ギャラリーもあり。
お気に入りの美術館や博物館ってどこでしょう?
その魅力についても触れてもらえると嬉しいですね。

それでは作家の皆さん、よろしくどうぞ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:08 | ease店主 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑