ease店主 「入れ換え後その3」

どうも、ease店主です。

消しゴムはんこ イケムラトモヒロ 作品画像
こちらは水泳帽をかぶった“ぼっちくん”
消しゴムハンコ イケムラトモヒロのメッセージカード。
ぼっちくん立体陶芸作品(非売)が俯きながら見守ってます。
金魚柄のポストカードも入荷しました。

絵画小川惠美子 フルーツだけを食べる
絵画 小川惠美子 「フルーツだけを食べる」
そんなふうに過ごしたくなる、夏です。

陶芸阿部未来 皿画像
陶芸 阿部未来
質感や繊細な絵柄の線が夏に合う作品。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:02 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「入れ換え後その2」

どうも、本日もease店主です。

ease2階窓際画像
簾をかけた2階窓際です。

作品のすべてをご紹介出来ませんが、
特に夏らしいと感じられる作品をご紹介します。

ガラス PRATO PINO 作品画像ガラス PRATO PINO 風鈴作品画像
左:ガラス PRATO PINO 氷のような印象の涼しげなシリーズ
右:同じく 夏の定番風鈴。キレイな音色が涼しさを感じさせてくれます

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:04 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「入れ換え後その1」

どうも、ease店主です。
橋本緑 人付鉢サボテン画像
陶芸 橋本緑作 人付サボテン鉢

作品が入れ換わり夏本番、といいたいのですが
まだ梅雨が明けません。
ガラスの向こうは雨の町の風景。
この時期にはこの時期にあった過ごし方を。
自然の環境に合わせる事も
心地の良い時の過ごし方のコツです。
雨の中傘もなく(訳もなく)激走してみるなど、
時に逆らってみるのも悪くないんですけどね。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:06 | ease店主 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 マツーラしのぶ 「”自由研究”のテーマ」

なぜだか惹かれるものはたくさんある。
最近のところでは、

1.菜食主義について
自分は今のところ、菜食主義者ではない。
肯定する理由も否定する理由も見つけてはいないからだ。
太古の昔から人はマンモスを追っていた。
しかし、人の身体は進化し退化し変化している。
精神は遺伝子を越えられるのか?
現代の人間の身体は、そこまで変化したのか?
そして私は現在、
まったく調べてないし、ましてや研究もしていない。

2.寺の世襲制について
最近「お坊さんが婚活」というニュースのコーナーを見た。
ある宗派では、わりと最近まで結婚が許されていなかったそうだ。
現住職も門徒さんも寺がなくなるのは困ると、
跡継ぎの嫁探しに必死の様子。
種の保存、子孫繁栄、現世利益。
中央で修行した精鋭が、
庶民のところへ下る方式ではダメだったのか?
…宗教とは?
何を守り、何を子孫へとつなごうとしているのか?
そしてこちらもやはり私は現在、
まったく調べてないし、ましてや研究もしていない。

で、結局のところ自由(妄想)研究の目的。
形ある現実と形のない心、
私はその関係を知りたいのだと思う。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:59 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 由良しのぶ 「”自由研究”のテーマ」

hanabi.jpg

昨日、愛知県豊田市おいでん祭りの花火を見に行きました。
約2時間の間に2回土砂降りの雨に見舞われましたが、なんとか中断もなくクライマックスの「ナイアガラ大瀑布」まで行なわれました。

そうそう、あんなに水に濡れても花火って火が着くようになっているのが不思議でした。
花火の作り方や花火の不思議について調べてみるのも面白そうです。
綺麗な花火はどのように作られているのか、どんな風に美しく夜空に打ち上げるのだろうか、など職人技を少しでも知れば花火の感動が何倍にもなるでしょうねぇ

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

16:04 | 陶芸 由良しのぶ | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり『自由研究のテーマ』

20090726051203
夏休みの課題からとき放たれ…。
のほほんと過ごす夏。

なのにここで…!
お題が!自由研究~。

もらいモノの種を発見!
ちょうど植木鉢もあるので
種を2粒蒔いた…虫に食われませんようにと願をかけ!
誰かが水やりをしてくれますようにと祈り。

蒔いたのは、風船かずら…ツル性植物で紙風船のような実がなります。
種は、モモレンジャーの顔みたいなのが出来ます。
モモレンジャーは、ゴレンジャ―の一員です。
私が子供の頃テレビで放映してました。

ハートのマークが真ん丸の実についてます。

時々、どうなってるのか掘り起こしてみたい気持ちを抑えつつ…。

ある日、薄緑の茎が見えた!
暫くして土砂降りの次の日くらいにパカッと葉っぱが開いていた!

子どもの頃、観察日記は、飼育放棄とか記録が続かないとか最後までやった事がない…。
最後までやろうなんて気もなかったが…。

テキトウに、植木鉢に蒔かれたのにも関わらず、まだ枯れずに、頑張っている…。
梅雨のおかげ。
そして、知らない間にツルが伸びた時のための支柱が取り付けてあった…オカンのおかげ。

久しぶり見たら白い花が咲いた…。
軽いノリで始めたが、昔も今も

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

05:09 | 布小物 松田かおり | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑「”自由研究”のテーマ」

福助と兎
以前、旅にまつわる話の中で少しふれたが
学生の頃、自由研究週間があったので、
毎年、色々なテーマで調べモノをした。

なぜか歴史的な事ばかり調べていたのだが、
一番面白かったのが、戦時中に軍需工場から国鉄に繋がっていた
線路について調べた事。

最初は、たまたま図書館で見付けた、地元の古い地図に
現在はない線路が通っているのに興味を持った。

昔の地図を頼りに、製紙工場の中、自衛隊駐屯地、弾薬庫基地など
取材に行って、普段の暮らしでは入らない場所を見て回り、
当時の様子を知る人の話を拾い集めた。

教科書やテレビで、戦争の事を知っていたつもりだったけど、
意外と自分の住む近くにも、痕跡が残っているのを知って
リアルに戦争を感じられた”自由研究”のテーマだった。

今、自由研究するなら
うちの猫が夜のあいだ、一体どこで何をしているのか
カメラでも付けて調べてみたい。




▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:07 | 陶芸 橋本緑 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コラージュ spikarona 「“自由研究”のテーマ」

水曜日、日食見ました!!!
木漏れ日が三日月形になってて、
とてもかわいかったです。

太陽と月ってすごく離れているのに、
ぴったり重なるなんて宇宙の神秘を感じました。

自由研究、「宇宙の神秘」なんてのもいいなぁと思いましたが、
私にとっては神秘でも、世間一般には常識?ってこともありそうで…。

結局身近な所で、「野菜の成長」にしたいです。
うちの庭の片隅に畳1畳分の小さな畑があって、
トマト・ピーマン・きゅうり・なすがひっつきもっつき、ひしめきあってます。
そんな狭い所でも元気にスクスク育ってくれてて嬉しい限りです。
収穫しても、1週間後にはまたゴッチャリと成っててくれて。
そんな、野菜たちを小学生の頃書いた絵日記みたいに、
まいにち観察文と絵を入れて
1冊のノートにまとめてみたいなぁと思います。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | コラージュ spikarona | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス 中島美春「“自由研究”のテーマ」

皆さん!日食見ましたか?

このあたりは部分日食だし、
朝からお天気がイマイチだし、
・・・と
はなからあきらめ気分なわたしでした。

で、すっかり忘れていてその時刻はぼんやりと時を過ごし、
後々TVで盛り上がってる景色を見ちゃったら、
やっぱり見ておけば良かったなと、
ちょっと後悔。
人生観が変わるような体験ですって。

次は26年後だそうで、
生きてるかなぁ。



“自由研究”するなら、
人間ウォッチングが面白いかも。

ちょっと人通りの多い駅前とか、
ショッピングモールとか、
ゆっくりベンチに座って人の動きを観察する。

いつでもできそうなテーマなんですけどね。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | ガラス 中島美春 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物谷口奈輔子「"自由研究"のテーマ」

今日、皆既日食ですね。
ニュースが楽しみかな。

自由研究、色々考えてみた。

植物を育てて観察。
植物を集めて標本。

どこにも行かずに
家の前で、人と車、動物の動きを定点観察。

自由研究も まとめて発表できるようにする のが一苦労。
子供の頃、済んだつもりつもりが まとめまだ ってことも。
だから やってみたいけど レポートはやりたくないなあ。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

07:35 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「“自由研究”のテーマ」

今、自由研究をしろといわれたら、「釣り」に関してじっくりと研究してみたい。

釣りの研究と言ってもいろいろあるかもしれないけど、僕が思うのは釣りをする
ことによって学べる様々な効能について調査していきたいもんだ。

まず釣りに行く。
てくてく歩いて釣り場に向かうのなんて有酸素運動で体に良さそうだ。

そして仕掛けの準備をする。
ここでは緊急時のロープの結び方に共通した、しっかりとした釣り糸の
結びが要求される。

餌をつける。
今回の狙った獲物が普段なにを食べているのか?
それを考えることは生物学に通ずる。

また、ルアー釣りをする人なら、その日の天候によっていったいどんな
色なら水中で映えるか、それを考えるのは実に重要。まるで色彩学だ。

魚の引きを待つ。
この間はそんなにやることがあまりない。
あまりない、と言いつつどうしたら釣れるのかを想像する。
仕掛けが良くないのか?餌が良くないのか?
それを考えることによって、想像力と洞察力が養われるはずだ。


魚がかかる。
強い引きの中での魚との勝負。
引くばかりでもいけないし、弱気になると逃げられる。
これは人間同士のやりとりにも似ているところがある気がしてくるな。
結ばれた糸でお互いの距離を測り、出会いを待つ。
もちろん何回逃げられてもいい。
でも会いたい人(魚)には想いをこめていればきっと会える(釣れる)。
そういう哲学のかけらさえそこには含まれている。

最後に、魚を食べる。
ここには的確な調理術の研究が求められる。
なんと言っても生もの。
美味しくいただける腕を持つのは悪いことではない。

そして、命をいただくということ。

自ら手を下し命を絶ち、自分の命に加えさせてもらう。
これを考えることはすべての学問を越えた、大事なことだ。


思えば子供の頃は年間300日を越えるくらい釣りをしていた。
今回書いたことがすべて1サイクルでまわっていたから
きっと心のバランスも良かったのだろう。

そんな僕は、ここんとこ釣りをしていない。
それは近所に、釣った魚を食べても安全そうな川や池がないからだ。
だからなんとなくだけど少し調子悪い感じもする。

釣りは僕にとって思った以上に重要で必要なことらしい。
今回研究しようかと思っただけで心がザワザワとしてきた。

あぁ。
次に引っ越すならば、今度は絶対海のそば。
釣りをしながら作品のことを考える、なんて思うだけで気分が上昇する。

精神衛生にも釣りは絡んでくるようだ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

05:49 | 立体造形 田原幸二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「“自由研究”のテーマ」

ツユクサ

ツユクサ、麦茶‥、夏休みを思い出すもの。


子供の頃の夏休みの宿題は締め切りギリギリのやっつけ仕事だった。
よくあるテーマ、植物観察日記みたいなものをやったような‥。

今やりたい事は蟻の巣研究とかかな。
透明ケースの中の蟻の巣がみえるヤツ。

今は植物観察もかなり楽しい。
プチトマト、綿を育てて収穫する。

昔とやってることは変わらない‥。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:19 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

絵画 関西恭子 「“自由研究”のテーマ」

今の小学生の夏休みの自由研究ってパソコンを使ったものはだめなんでしょうかねー。
例えばパソコンで作ったアニメとか、プログラムとか。

先生側が評価するのに大変だから無理なのかな…。

私が今自由研究をやるとしたら、easeのウェブサイトを作れたらなと思います。
というか、もし自分の甥がブログ始めたい! とかウェブサイト作りたい! と言い出したら、喜んで教えてあげると思います。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:35 | 絵画 関西恭子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二「“自由研究”のテーマ」

★板津編★
自由研究はいつも八月の末。
1日以上をかけてやったためしがない。
ほぼ捏造。
今は鋳物屋。
毎日が実験のよう。
鋳造は実に奥深い。

☆板津妻編☆
夏休みの課題といえば「朝顔観察」。
頑張って早起きをし、朝顔のお世話をし、観察絵日記をつける。
実兄が描いた観察日記は、以下の図です。

上から見た鉢と葉っぱの図・・・だそうです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来 「自由研究のテーマ」

自由研究。
実は私は研究したいテーマはいっぱいある。
例えば道に一個の小石があるとする。
この石を一ヶ月間追跡してみたら?どこにいくのか?どこにも行かないのか?
その石のある場所や石の大きさやらによって動き方とか動く距離とかいろいろ違うのだろうな。
風に吹き飛ばされたり雨に流されたり。ものは高い所から低い所に落ちるのが自然なんだとしたら何で山はだんだん低くならないんだろう?もしかして実は不断に低くなり続けてるの?
もしかしたらちっともおもしろくないかも知れないけど。
あと例えば植物って物に興味がある。例えば植物っていつ生まれたのか?とか。
地球上の生き物は全て共通の祖先から生まれたのだというけど、原始的な生命体が進化して動物とか植物とかになったのだろうけど、動物の祖先と植物の祖先はどこで枝分かれしたのだろう?
本なんかで見ても、エディアカラ生物群からカンブリア紀の爆発的進化、そして地上に進出する生命、といった中、常にスポットライトは動物の進化に向けられ、植物なんてモノは「気がつけばそこにあるもの」みたいな扱いな気がする。ちょっと納得がいかない。
あと最近私の描いてる模様に「一つのタネから五本の枝が出る。その枝は例えば1cmごとに二つに枝分かれするとかいうことになっている。
とても単純ですが実際描き始めるとコレが到底あっという間に描ききれなくなる。
パソコンを駆使してそういういろんなパターンが実際どうなってるのかを見てみたい。
とか、とか、とか、いろいろあります。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:20 | 陶芸 阿部未来 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑「おしらせ。八ヶ岳自然文化園クラフト市」


さわやかな天気になりました。
どうやら夏の始まりのようです。

今週末の18、19日、八ヶ岳の原村にある
自然文化園にてクラフト市が開催されます。
色んなジャンルの作家さん130名が参加します。

私は始めての参加なので
どんな出会いがあるか楽しみです。

お時間が在る方、是非遊びに来て下さい。
詳しくは下記ホームページへ。

http://yatsugatake-ncp.com

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

10:52 | 陶芸 橋本緑 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「“自由研究”のテーマ」

第24回お題
「“自由研究”のテーマ」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が
店主の出す「お題」について
ほぼ毎日ぐるぐると日記を書いていきます
このブログ。

今回のお題は「“自由研究”のテーマ」
夏休みの宿題から離れて久しいですが、
今こんな宿題を与えられたら、何をテーマにしますか?
その理由などを夏らしくアツく語っていただきましょう。

それでは作家の皆さん、よろしくどうぞ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:03 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸マツーラしのぶ「どうやら私の家だけらしい、特殊なおかず」

家のみの特殊なおかず…、これが思い当たらない。
私の家は比較的ノーマルな食生活を営んでいて、
ネタになる要素がないことは気付いていた。

で、妹に聞いてみたところ、
「きゅうりの味噌汁」という返事が返って来た。
きゅうりの画像
妹はまずいと言い切り、現在は廃盤となっている。
久しく食してはいない。
私には他家でも食した記憶があり、
そんなまずかったかなぁと回想してみたものの、
思い出せなかった。
まぁ、その程度の味だったのだろう。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:13 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス PRATO PINO 『どうやら私の家だけらしい特殊なおかず』

大根カレー

松野が作るカレーはいつも大量の大根が・・・

最初は抵抗があったけど、食べてみると、全体に深み(甘み)が出る感じが。

でも子供にはいまいち・・・
大人なカレーのようです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

12:13 | ガラス PRATO PINO | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 伊藤実穂『どうやら私の家だけらしい特殊なおかず』

茶碗蒸し!

中身も味も普通。しかし、サイズが他の家とはちょっと違う!?
一人前がどんぶりサイズ。いわゆるデカ盛り。
だから、茶碗蒸しの日はメインのおかずは茶碗蒸しだ。
そして、通常は家族揃っての食事(こどもの頃)が基本なのに、茶碗蒸しの日だけは順番に食事する。家族分の同時調理が不可能なのだ。

何故このサイズになったかを母に聞いてみた。
食べ盛りの兄達(当時高校生・中学生男)に沢山食べさせたかった。との事。
末っ子の私(当時小学生女)にはかなり…辛かった


…最近食べてないなぁ。
久しぶりにあのサイズで作ってみようかなぁ!



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:02 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 由良しのぶ 「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

おつけもの
写真は去年漬けた糠漬けです。
今年はぬか床が少々お疲れのようなので、冷蔵庫でお休みしてもらっています。

家だけの特殊なおかずはあまり思い浮かばないですが、実家では「揚げ物」といえば鶏のささみフライで、ケチャップとマヨネーズを自分でまぜまぜした「オーロラソース」を付けて食べました。
子供のときにフライを揚げている側から食べていくとささみがどんどんお皿に盛られて、どんどん食べてもどんどん揚げられる。いったい何本あるんやと子供ながらに思うほどささみがお皿に山盛りになり、揚げすぎたこげ茶色のやきつね色のやありましたがすべてささみフライでした。子供たちがひとしきり満腹になった頃に、サツマイモを5ミリくらいに切ったものの巣揚げがお皿に盛られていくのでした。
母親はその時ささみフライが食べたくて仕方なかったのかもしれません。それともフライといえばささみなのか、その両方か。
三つ子の魂百までと云いますが、人の味覚は三歳頃までに形成されると聞いたことがあります。
この日記を書いているうちに、あのフライが食べたくなってきました。
母も幼い頃からささみフライを祖母に作ってもらって、その祖母もその母親からささみフライを作ってもらっていたのでしょうか。そしてささみフライの鎖は意外と昔から受け継がれていたのかもしれません。
うーん、食べたい。
今晩のおかずはささみフライにします。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:11 | 陶芸 由良しのぶ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 松田 かおり 『どうやら私の家だけらしい特殊なおかず』

焼きトマト!
輪切りにしたトマトを焼くそして塩、胡椒で味付けをします。
何が添えられる事はない!トマトトマトトマトトマトただひたすらトマトだけ!

今でこそイタリア料理が世に出回り焼いたトマト煮たトマトもハーブなんかが乗らせられちゃってオシャレな食べモノですが、
その当時(今からん十年前)焼くなんて考えられなかった時代!夏のオカンのチョー手抜きの料理の一つでした。

これをおかずに、ご飯を食べるのは、かなりキビシかった、、、。


しかしイタリア料理の進出により悲しい過去の思い出が薄らいで行きます。

イタリア料理バンザイ!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

04:41 | 布小物 松田かおり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 橋本緑「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

正しいチャーハン皿

数年前まで、父がラーメン屋さんをやっていたので、
休み前になると、叉焼やネギをもって帰ってきた。
それらで作る叉焼炒飯が、
我が家の定番料理だった。

作り方は極簡単。
ニンニクをきざみ、炒め
次に叉焼、ご飯の順に入れ、
塩、コショウ、少々。
きざみネギを入れたら、最後に醤油をひと回し。

シンプルだけど、特製叉焼がこれでもか~とゆう程入っていて
美味しかったな~。

あ~、チャーハン食べたくなってきた!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | 陶芸 橋本緑 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ガラス 中島美春「どうやら私の家だけらしい、特殊なおかず」

親戚のおじさんが漁師で、
魚をよく家に届けてもらった。

カレイの煮付けを食べた後は、
お皿に残った魚の骨に白湯を掛け、
骨の隙間に残った身や、
ヒレの付け根とか、エンガワの細かいところとか、
箸の先端でよーくほぐし、
薄くなった煮汁と一緒に飲み干す。

特製、カレイのだしスープ。
もちろん目玉も食べます。


子供時代、、
あまり食生活が豊かでなかった頃のごちそうでした。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:27 | ガラス 中島美春 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布小物 谷口奈輔子「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

実家でよく作っていた、味噌の和え物。

まず鍋に水入れてコンロにかけます。
ざる持って畑行きます。
葉っぱ採ります。
沸いてる鍋に入れて茹でます。
水で洗って水気を切り刻みます。。
すり鉢で じゃこ擂って 胡麻擂って 味噌擂って
日本酒ちょっと入れて擂って 茹でて刻んだ葉っぱ和えます。
おいしい味噌和えの出来上がり。

で、どこが特殊かと言うと 葉っぱです。
名前は アカザ とか ひいな とか ツユクサ とか 
畑に植えてない、かってに生えている、
雑草と、もしかしたら呼ばれてるやつらなんです。

子供の時から、ざる持たされて 葉っぱ採りしてました。
雑草なのに、根っこから採ってはいけないのです。
又伸びたら食べるから・・・・・

家以外で食べる人をまだ知らない。
ちなみに、懐かしいので たまに作ります。
じゃこはやはり鯵じゃこが一番!
味噌は甘めの白味噌です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:06 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

立体造形 田原幸二 「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

今思えばあれは?みたいな料理。

自家製川魚の干物

作り方 数本枝分かれした毛針のついた釣り糸の先に、おもり付きのエサかごを結びつけたものを川に投入。エサかごから練り餌が水中に拡散していくときに、間違って毛針に食いついた魚を釣り上げる。当時は父親と僕でいつも数十匹単位は釣って帰っていました。

その釣ったものをいちいちハラワタ出して数匹ずつ串に刺し炭火で炙る。
それをサランラップの筒くらいの太さのワラの束に刺して外気干し。
で、食べる分だけその束から取っていくって感じで。

それがねぇ。
晩ご飯に出たりするんですが、

ぜんぜん美味くないんですよ、ホントに(笑)


なんだかパサパサしてて味気なくっててね。

でも近所の人たちは欲しい欲しいと言って魚の串を持っていってたという記憶もあり、そのときはわからなかったけど大人の味ってヤツだったのかなぁ。
僕は釣る専門でほとんど食べたことなかったです。

あとはスイカのネットに引っかかった野鳥とかも晩ごはんで食べたりしてました。
ヒヨドリとか山椒と塩かけて食べると美味かったですよ。肉は硬かったけどね。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:07 | 立体造形 田原幸二 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 クロノユキコ 「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

手巻き寿司の具。
刺身、玉子焼き、キュウリ、納豆、大葉などなど‥。

昔、手巻き寿司パーチーをしよう!
ということになり、買出しへ。
これもあれもと買っている中、
私が「これこれ、魚肉ソーセージ!」
と言ったら、
「ええっ?入れないよ」
と却下され、初めてみんなは入れないんだと知りました。

結構おいしいよ。マヨネーズにも合うし。

また久し振りに食べたくなりました。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:01 | 陶芸 クロノユキコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

絵画 関西恭子 「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

秘密のケンミンSHOWで出ていてそうなんだと驚いたのが、「長野県民は、塩漬けした『塩イカ』が大好物!?」ですね。

私の祖母は長野県出身だったので、うちの食卓にもたびたび塩イカが酢の物で出てました。私が好きな調理法(?)は茹でたのをぶつ切りにしてショウガを添えるってのでした。というか今も大好きです。


それと、キュウリと潮吹き昆布の和え物。浅漬けみたいでおいしいんですよ。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

06:36 | 絵画 関西恭子 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金属 板津綾二「どうやら私の家だけらしい、特殊なおかず」

snap_easeblog_200964133131[1]

★板津編★
卵焼きに生姜が入ってた・・・。
子供のときから、大人の味に親しんで育った。

☆板津妻編☆
小学生高学年の頃、給食の献立表を友人と見ていたら
友人「今日は麻婆豆腐だネ。」
板妻「麻婆豆腐って緑色のオカズの事だネ。」
友人「え?!・・・辛いヤツだよ???」
板妻「辛くないよ。」
その後、給食で出てきた麻婆豆腐を見て、
板妻「赤いよ?!」
友人「うん、赤いよ。」
板妻「辛いよ?!」
友人「うん、辛いよ。」
板妻「ウチのは辛くないし、緑だよ?!」
友人「うん、何で緑なの?」
と、ツッコまれてウチの麻婆豆腐は普通のお宅と違うのだと知りました。
そんな私の実家はニラがたっぷり入った辛くないオカズを『麻婆豆腐』と呼んでいます。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 金属 板津綾二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

陶芸 阿部未来「どうやら私の家だけらしい特殊なおかず」

大人になって気付いたうちのちょっと変わったおかず。
てのは、いろいろあるけど、その多くは母が本とかで見て作っていたので、厳密に言ってうちだけってワケじゃなかろうとは思うのだ・・・
そうしたなかでも、カレーやシチューといった料理は各家庭の趣味嗜好がわかりやすく反映される料理ではあるまいか?
シチューだったらビーフシチューかクリームシチューか?
肉や野菜は溶けるぐらい煮込むのか?汁メインか具メインか?
隠し味と称していれるものは?等


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:14 | 陶芸 阿部未来 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑