spikarona「コダワリ」

168_6814.jpg



コダワリ・・・。

改めて考えてみると、
あまりコダワっているものが思いつかない。
でも、きっと気づかないところで、
「こうでなきゃ!」ってのがあるんだろうな。
自分では、それが普通となっているから気づかないだけで・・・。

あっ!そうだ!
作品を作る時のコダワリがあった。
それは、
「下書きをしない」です。
フリーハンドで思いのまま、ちょきちょきするのが好き。
同じ図案でも、下書きしたりしないから、
一つ一つ同じのが出来なくて、
毎回毎回表情が違ってくるのが好き。
「同じのをもうひとつ」と言われると、
似たような物は出来るけど、同じモノは・・・となってしまうけれど、
みんな個性を持っていて、その時にしか出来ない感がすき。

私の唯一気づいた「コダワリ」でした。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | コラージュ spikarona | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中島美春 「コダワリ」

「コダワリ」
これって普段の日常のなか何気なくしている事で、
生活の中に染み付いている。
なので、改めてなんだろうって思い出してみると、
う~ん、、、なかなか思いつかない。
あえて挙げてみると

豆腐は“遺伝子組み換えしていません”ものを買う。
食肉は 国内産を買う。
映画は、気分爽快ハッピーエンドを観る。
旅行先は 島+遺跡+猫 で選ぶ。
服を買うとき必ず素材をチェックする。
新幹線は通路側を指定する。

これって自分が気持ちよく過ごせる為にしている事だな~
「コダワリ」ってそういう事?


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

11:06 | ガラス 中島美春 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

谷口奈輔子「こだわり」

自分の中であたりまえに思っていること
これがこだわりなんじゃないかと思う。
何か作っていてそこに見合うものを探す時間の多い事に
こだわりが関わっているんではないかなあ。
布のストックと戯れるのは幸せなんだけど
思うものがなかったらあちらこちらと
ほじくり返し大変な事になったり。
そうして出来上がったものが
こだわりのひとしなになるのでは?

でもホントはね、
ここはこうじゃなくて
あそこもそうじゃなくて
もっとあんなふうな感じのね
と思うことしきりです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

08:30 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

田原幸二「コダワリ」

zahyo
コダワリ。
いつも作業は1人でやっているので、展覧会の搬入搬出とかも自分ですべてやらないと気分がとても変になる。
そんな時、『手伝いますよ』と手を貸してくれる方もいるのだけれど、その方を指揮するのがめんどくさいというか、自分のリズムが崩れるというか、自分だけでやる時の3倍ほど疲れてしまう・・。こんな自分が嫌ではあるんだけど。

同じく。
作品の写真撮影も自分でやらないとしっくりこない。
写真専門の人に頼んだりする人の方が多いみたいだけど、作った本人ほどその作品の写りがいい角度をわかってる人間はいないというのが個人的な意見。
そして撮影のためには写真の勉強、機材の研究も欠かさない。

それもこれも自分自身の力で全てを納得したいからだと思う。
制作の中のどんなカケラすらも本当は誰にも渡したくないという、僕はケチ臭く欲深な人間なのだ。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20:31 | 立体造形 田原幸二 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

クロノユキコ「コダワリ」

NEC_0025.jpg


今日のテーマの前に、まずみなさまにご報告です。
予定日より1週間ほど遅れましたが、
蚕たちが繭になりました。
なんとなく糸を吐き始めた時点で
封筒で作った個室へ移動。
ガサゴソ音を立てながら
綿菓子のような細い糸から
だんだん丸くなっていきました。
やわらかそうでいて、結構しっかりしています。
まだこれから、「茹でる」という大仕事が残っています。

本題のこだわりですが‥、
こだわりには人それぞれポイントがありますねぇ。
普段はおおざっぱな人間ですが、
人から見たらどうでもいいことが、本人にとってはどうでもよくなかったり‥。
しかし思いつかないので、とりあえず、
車はマニュアル車!
お風呂は熱め!
窯はガス窯!そしてRF!
こんなですみません。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

21:00 | 陶芸 クロノユキコ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

硝子屋 PRATO PINO 「コダワリ」

モノを作っていると、なにかしっくりくるラインや形に出会うことがある。
そんな時はニヤニヤと嬉しくなって、その形に近づけるよう頭や体がとたんにピコピコ動くようになる。
普段あまりこだわりなく生きているが、そんな感覚を覚えたときは、とにかくその形にこだわる。
そうしてできたものは、その感覚が形に見えて、触れて、たまに見てもなんだか嬉しくなる。
もの作りはそんなところが好き♪  ミカ

お知らせです!
 
日本のクラフト in GIFU
第47回日本クラフト展より 時代を見つめる手 に出展します。
 2008年7月2日(水)~20日(日) 休館日15日(火)
 10~19時 (最終日は16時まで)
 会場 アクティブG3F TAKUMI工房・ワールドデザインギャラリー

東京のFM J-WAVE 「TOKYO PREMIERE」に出演します。
 easeさんでも取り扱っていただいているペンダント花瓶がJ-WAVEとのコラボ商品として紹介されます。
 6月28日(土) 13:50~13:55 以後HPにて聞く事もできます。
 ぜひ見てみてください~。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

23:53 | ガラス PRATO PINO | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

関西恭子「コダワリ」

私の「コダワリ」は、えんぴつをカッターで削ることです。
カッターは"オルファカッター"で、えんぴつは軟らかさが2B以上であるのが望ましいです。

えんぴつをカッターでしょりしょり削っていると、えんぴつに対して愛情を注いでいる気分になります。そうして削ったえんぴつでクロッキー帳に描かれた線には、まるでダシたっぷりの料理のように旨味がある!と勝手に感じています。
もしくはバターたっぷりの生チョコみたいです。
(絵の内容ではなく、あくまで"線"が)

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

23:25 | 絵画 関西恭子 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

板津綾二「コダワリ」


   洗濯物を干すための器具で、やたらと洗濯バサミがプラプラしてて、
  真ん中の一箇所で物干し竿やらなんぞやにぶらぶらするあれ。
   名前を知らないというのは厄介なもので、単語ひとつでスッキリ表せる
  はずのものが、文頭の様にだらだらと頭の中に思い浮かぶ個人的な、
  極めて個人的なイメージを、どう言葉にしたら分かってもらえるんだろう?
  と、思いつつも説明するためのボキャブラリィがまた、悲しいかな少ない。
   人に何かを説明して解ってもらえることがいとも簡単に、瞬きをするぐらい
  の要領で出来ようものならば、さぞかしかなりさぞかし。
   話しが何か分からなくなるまえに、洗濯物を干すための、やたらと洗濯バサミが
  プラプラした真ん中でぶらぶらする器具の名前なんぞには全く興味はない。
  が、知っていたらこの先の人生はかなり楽になる事は想像容易い。う~ん。
   知らないし、興味もないが、あの洗濯物を干すための、やたらと洗濯バサミが
  プラプラした真ん中でぶらぶらするやつにまず、何を干すか。これがやたらめったら
  難しい。洗濯バサミから洗濯バサミまでの距離に丁度ピッタリな洗濯物を選ぶ。
  とどかなかった、余裕でとどき過ぎて真ん中がだら~んって垂れたりしてはならない。
  一度外して違う洗濯物で再チャレンジなんぞは言語道断である。洗濯バサミを
  摘んで開く回数は最低限がよい。私、洗濯バサミを摘んで開くのがどうも苦手なのでは、
  と、ここ2~3年自覚しつつあるところです。なんにしろ一発で極める。だがこの洗濯物を
  干すための、やたらと洗濯バサミがプラプラした真ん中でぶらぶらするこいつは、
  何度も言うが真ん中でぶらぶらするので、重量バランスを神経質気味に診ながら
  洗濯物のチョイスに加え、真ん中から洗濯バサミいくつ離れた所に干すか、それとも
  靴下の対極に靴下を持ってくる、シンメトリ方でいくか、しかし今日の洗濯物の中に
  靴下は偶数入ってるのかどうか賭けになってくると気が気ではないのでやはり、
  長年の勘を頼りに、だな。するとだいたい、水平とまではいかないが、どっちかに
  クワッと傾いたりせずに風に吹かれるとくるるる~っと、気持良く回る。
    
  追伸:洗濯物が一日で乾かないのも辛抱堪らない。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

23:30 | 金属 板津綾二 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

伊藤実穂「コダワリ」

コダワリ
①モノに指定席を与えます。出来るだけ同じ場所に戻さないと気が済まず、新しいモノが仲間入りすると、また指定席を決め直します。
部屋の中、作業場、タンスの中、カバンの中等全ての範囲です。
置き方は直角か平行。サイズも大から小へ。色は濃いから薄いへ等法則があります。
時々自分でもめんどくさいと思います…
特に感じるのは、マイ作業場(秘密基地)も、共同の作業場のごとく一日の作業の締め括りは片付け&拭き掃除。ロクロや道具に薄ら土が残るのも嫌で、水洗いの後乾拭きもします。
②爪を切る位置が極端に短いです。切るときは白い所は全て切ります。はっきりいって深爪です。
土が爪のなかに入るのが嫌で…しかし、段々爪が小さくなっているようなぁ。 書いてて気付きました。コダワリって人から見ると『変』だと思われる所だと思うので、ちょっと恥ずかしいのですが…これが自分なので否定しないで受け入れて行きます!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

21:09 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

阿部未来 「こだわり」

私のこだわっていることは・・・結構いろいろある。
部屋は超汚いのにインテリアにこだわっている、ってのはマイルームの回に書いた。
考えて気づくのは、「大事の前の小事にこだわって肝心なことがなかなかできないことが多いなあ」ということかな。
ゴミ捨て用のビニールの畳み方にはコダワリがあるけど肝心のゴミ捨てがきちんと出来てないとか。
大体こうしたこだわりなんてものは本人以外にとってはほとんど無意味なことばかりなんじゃないかと思う。
なんだけど、そうしたあんまり意味のなさげなこだわりってのがいかに意味なさげであれ、本人にとってはどうしてもそうじゃないと気がすまない。
というのがこだわりというものだろうか。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

12:41 | 陶芸 阿部未来 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「コダワリ」

第5回お題「コダワリ」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が、
店主の出す「お題」について、
期間限定で毎日ぐるぐると日記を書いていきます、
このブログ。

さて。
本日より5周目、期間限定の最終周となりました。
今回のお題は「コダワリ」
モノ作りで日常で。
最近こだわっていること、こだわったこと。
作家の皆さん、よろしくお願いします。

これまで楽しんでいただいた方、
ありがとうございました。
それでは、5周目もお楽しみください。

期間限定としては終わりを迎えますが。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:45 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マツーラしのぶ「賢治」

ドイツに嫁に行った日本人の友人が、
先日母子ともに無事男子出産。
ドイツ人と日本人のハーフである男子の
日本名は賢治と名付けられたそうで。

ちゅだるま

↑2008年企画いーず穴「ちゅだるまTシャツ」
 目玉が外せて願掛けが出来る。
 現代版日本の伝統を継承させるべく
 賢治くんにプレゼント(予定)

資料を探して、たまたま古本屋に立ち寄った。
そしてたまたま古い「太陽」の積まれた山の中に
宮沢賢治特集を見つけた。
賢治の名は「宮沢賢治」からいただいたそうで。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:47 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

由良しのぶ 「でんがなまんがな文化圏に行って来ました。」

くいだおれ人形

 土曜日、昼過ぎ。『くいだおれ』の前で。
くいだおれ人形の名前は知りません。
大阪ではくいだおれ人形を知らない人はいないかもしれないけれど、くいだおれのお店に行ったことがある人はそんなにいないと思います。

法善寺横丁

 土曜日午後7時過ぎ。法善寺横丁、水掛不動さんの前でパシャリ。観光客の列に混じって地元の方も馴れたひしゃくさばきでお参りされていました。私の前の女の子がひしゃくの水を自分にかけていました。
意外と難しかったです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

21:43 | 陶芸 由良しのぶ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

松田 かおり 自由

20080617062703
自由!と言う事なので、
好きな物
〇今の季節は、ワラビ餅
〇某パン屋さんの食パン!こんがり焼いて、バター がいいなぁ~。
〇お風呂で、食べるアイスクリーム、熱燗では、なく、アイスクリーム!
欲しい物
〇薬局の前のカエルさん、あの笑顔、ステキです。
〇まんまるお月様、
 ヨイショッと手を伸ばす が、まだまだ届かない!
 誰か、とって!
最近のショックだった事
〇父のパンツと自分のフェイスタオルを一緒に、洗ってしまった事(ガァッビィン)
希望
〇イーズさんで、かなり無茶を言って、作った土瓶 !
 なんか悪いもんが出てきそうと言われ…棚で眠っている。
 いつの日か!お茶会をしたい!


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

06:23 | 布小物 松田かおり | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

橋本 緑 「磨く日、磨く日々」

20080616144903
6月16日(月)晴れ
梅雨の中休み、爽やかな天気。
気持ちが良いので台所まわりを磨いてみた。
まず古着を使いやすい大きさに切る。
“まだ着れるかも”のかすかな未練を裁ち切って、ザックリ、ザックリ、そうじ布にする。
ガスコンロ。五徳、受け皿を水に浸けて、その間に本体を磨く。
重曹を付けて古布で拭く。面白いくらい簡単に汚れが取れる。
シンク、流し口も重曹で。
手強い汚れはクエン酸に手伝ってもらい、浮かせて取る。
一番好きなのは水道の蛇口。
くもりが取れて、ピッカピカに輝く様には、いつも「ホゥ~」とします。
私、磨いてピカピカにするのが好きなようです。
作品も磨いて作ります。
土器の動物たち、土が乾く手前でツルツルの石を使って磨きます。
磨けば磨く程、ツルツル、ピカピカになっていくので、
なかなか止められない楽しい作業なのです。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

14:46 | 陶芸 橋本緑 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

spikarona 「由来」

070626_1437~01

私は「spikarona」という名前で活動しています。

小さい頃から、しゃべることが大好きでした。
いわゆる「うるさい子」でした。
そんな私の中学でのあだ名は「しゃべるスピーカー」。
よくしゃべるし、おまけに声量が大きいという、
まさにうってつけのあだ名でした。

作品を作るに当たって、
最初は本名でもいいかなと思っていましたが、
せっかくだから名前をつけようと思ったときに、
思い出したのが「しゃべるスピーカー」。

私らしい名前・・・。

「しゃべるスピーカー+加奈子」

「加」はカタカナの「カロ」になる。

「スピーカー」+「カロ」+「奈」

「スピカロナ」

「スピカロナ」=「spikarona」となりました。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

01:00 | コラージュ spikarona | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

中島美春 「無題」

4月から環境が変わって、自由な時間をたくさん取れるようになった。

今までなかなか出来なかったこと。
気ままな旅行、
目覚まし時計に支配されない朝、
引き出しの中の掃除や、本棚の整理整頓、
平日に行くデパート。

でも、でも、
時間が有り余るかと思ったら、
ぜんぜんそうじゃなく、
足らない。
いつも何かしていないと気がすまない、
欲張りなわたし。

一番足らないのは猫とダラダラごろごろする時間。
ちょっと休憩

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

04:23 | ガラス 中島美春 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

谷口奈輔子 「お題がないのでどうしよう。」

どんどん暑くなってきた。
夏は嫌いじゃないけど、年々辛くなっている。
夕方、濡れタオルを額に乗せて倒れていることが多くなってきた。
ガラスや金属、陶芸の方々には顔向けできない。
布を持つ手が汗ばんでくる。
暖かい感じの物は触りたくなくなる。
ファッションならシーズン先取りして秋冬物だろうに。
夏物さえの体たらく。
今からこんな事考えていちゃいけないんだけど。
そんな時、
かき氷がいいですね。
こめかみにキーンとこないように少しずつ。
シロップはいちご、レモン、蜜(透明なの)
あずきに練乳、抹茶なんかいいですねえ。
アイスロボと言う名のかき氷機大活躍。
P1000237.jpg

だらけた猫と涼んでれば、ちょっと幸せ。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20:05 | 布小物 谷口奈輔子 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

田原幸二「文章について」

今回お題はフリーということで。
現在続けている、文章つくる時にちょっと思ったことについて書かせていただこうと思う。

今でこそHP作ったり、ブログなんてやってるものだから、ほぼ毎日何らかの文字を書くというかキーボードで打ちこんで文章をつくることがあるわけだけど、実は小学校から大学までの僕は宿題で出されるような文章書きというものが嫌で嫌でたまらなかった。
あの原稿用紙のマスメを1個1個文字エンピツで埋めてくなんて、なんて辛気くさくてジジ臭いと思ったことか。

とくに嫌なのが、あの下書き!
一体なんなのだ、あの面倒くさいものは!!
そんでもって下書き作って、そのあと清書・・・。
新しい発見のない同じ作業を2回やるのが子供の頃から苦手な僕は、その取り澄ましたような顔をした「清書」自体が吐きそうなくらい大嫌いなのだった。



▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

19:10 | 立体造形 田原幸二 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

クロノユキコ「育てる」

NEC_0242_convert_20080611234430.jpg

最近夢中なこと‥
蚕を6匹育てています。
染織の先生をしている方から
卵からかえって1日という蚕をいただきました。
蚕は35日で繭になるそう。
生まれた日が5/10、予定では6/15頃繭になる??
はじめはゴミくらい小さくて、見えないくらいのちびっこたちも
すっかり大きくなりました。
今ではチビ太が3cmくらい、大きいボスは5cm以上あります。
脱皮も2回しました。まだするのかな?
餌は桑の葉のみですが、
今ではすごいスピードで食べるので
葉っぱを採りに行くのが間に合わないほど。
食べてばかりですが、眺めていて飽きません。
おもしろいなあ‥。
しかし、繭になったら茹でないといけない!!
そうしないと蛾になるらしい。
こわいなあ‥。
でも成長は楽しみ♪

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:00 | 陶芸 クロノユキコ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

硝子屋 PRATO PINO 「ひょうたん」

08motonamiDM.jpg


恒例の箱根宮ノ下「カフェドモトナミ」で、やる作品展のDMができました。

宮ノ下は豊臣秀吉が立ち寄り「ひょうたん」に大変ゆかりのある町ですし、
縁起のよさそうな「ひょうたん」が作りたかったので、
ちょうどいいタイミングで、発表できる事になりました。
 
ひょうたんの形ってかわいくて、
なんだか元気が出てくる形なんだな~元気がもらえる気がします。
 やっぱり縁起のいいのも納得です !!!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

19:13 | ガラス PRATO PINO | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

関西恭子 「豆」

今回の週のお題は「ご自由に」とのことですが。うむむ…難しいなあ。

そういえばもう6月ですね。
もう今年も半分、折り返し地点だ! と、
愕然としてしまっています。

それと今月の13日って金曜日なんですよねー。
よく、昔(私が小学生低学年だった頃)に13日が
金曜日だとテレビの映画番組でホラー映画が放送されていました。
そんな日の夜は怖くって、放送時間中はテレビに
電源すら入れられなかったのを覚えています。

ところで、皆様は今年もう枝豆を
召し上がられましたでしょうか。
私は今日、今年初めて枝豆をいただきました。
枝豆は食べだすと止まらなくなって困ります。
おいしい。

えだまめじゃないよ、そらまめだよ

とういうわけで、以前に描いた豆の絵を
引っ張りだしてきました。
気づいた方もおられると思いますが、
これ枝豆じゃありません。
そら豆ですね。
(いいかげんだなあ)

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

23:57 | 絵画 関西恭子 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

伊藤実穂「の」

『の』一筆書きで書けるひらがなの中で、とっても好きな文字です。
『の』ではじまる言葉で、のびる(成長)
のびのび(自由)
のんびり(マイペース)
のほほ~ん(やわらかい)のんき 等など、やっぱり好きな言葉です。
『の』は一筆書きで書けるひらがなで、連鎖して書く事が出来ます。(ペンの試し書きでしませんか)
『のぉ~ん』は私のリラックス方法。深呼吸と共につぶやくと、全身の力が抜けて良いですよ。
私は時々ひとつの事をこんな感じで考えることを楽しんでいます!

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

19:23 | 陶芸 伊藤実穂 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

板津綾二「6月7日晴れのち曇り」


  今日は土曜日。
 今日が土曜日だと認識して過ごす土曜日は、
 いつぞやぶりだろうか。
  何日か前から奥さんのお母さんがうちに居て、
 あれやこれやしてくれている。
  昨日の夕方からは奥さんのお父さんも、
 うちに来て、孫と戯れている。
  なので、今朝はちょっと頭が重くなるくらい、
 寝坊して起きた。
  普段は朝から子供にあれやこれやだが、
 あれやこれやをやっていただけるので、
 とっても楽チンだ。感謝。感謝。
  子供は朝から超ハイテンションである。
  意味不明、解読などとは無縁の音を、
 口から出るがままに発しながらうろついている。
  そんな中、少し遅めの朝食を終え、四人分の珈琲を煎れる。
  あと1回分しか珈琲豆を挽いた粉がないのねえ、、、
 と、思いつつ醤油のペットボトルを転がして足にぶつけてくる子供の
 満面の笑みを見ながら飲み干す。
  奥さんのお父さんがマミーマートに行った事がないことが、
 急遽発覚したらしく、車で連れてってとの旨、お断りする理由もなく
 みんなで行って、あれやこれや主に奥さんのお父さんが、
 目に付いたものをぱっぱぱっぱカゴに入れていって、
 レジで袋をお断りしてポイントを貰い。
 精算をしてポイントを貰い。
  世の中ポイントだね!!
  お昼までにまだ少し時間があったのでうちの横の
 遊んでる土地の草抜きを、昨日の夕方では終わらなかったから
 抜きまくった。
  やはり、昼食後も抜きまくっていると、奥さんのお父さんが
 トマトとナスを植えれば雑草ははえなくなるから植えよう!!
 との事、お断りする理由もなく、草抜きをもうしなくていいなんて
 なんて素敵で夢のようなんでしょう!!!
  カインズホームにお父さんと子供と行き、子供を追いかけて
 捕まえたり逃げられたりしてる間に苗やら桑やらなんやらが
 お父さんの両手いっぱいに集められ、どう見ても苗はナスなのに
 バーコードでプチトマトと出てしまうレジの兄ちゃんをたしなめ、
 家について、苗を植えて、一服して、、、なんだか今日一日が
 終わったなあ、、と思いながら片づけして、これを書いた。

  お題があったほうがいいな。
  

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

18:45 | 金属 板津綾二 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

阿部未来「後半大きく大上段に振りかぶる」

みんなの「もの作りをはじめたきっかけ」を読んでいるうちに、小学校の国語の教科書に載っていた「チワンのにしき」というお話が思い出されてならなくなってしまった。

キーワードは小学校と布もの作家であろうか?
私の記憶では
中国のチワン族の村に機織りの上手なおばあさんが住んでいて、そのおばあさんが自分の理想の村を織り出した素晴らしい錦を歳月をかけ身を削るようにして織る話。
なのだが、おばあさんの打ち込みようがただごとではない。
目が弱って涙が止まらなくなると、涙の落ちた所に清らかな泉を織り出したり、更に悪化して血が滴るとそこには真っ赤な花を織り出したりしてたのだ。
現代の感覚で言うとどんだけ素晴らしい錦でもどんびきかもしれない。
まあおばあさんとしては「高価く売って儲けよう」とか思って織っているわけではなく、ひたすら自己満足で織っているわけなのでそんなの関係ないのであるが。
小学生ながら「おばあさんアーチストやな~」と心に残った話だった。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

18:42 | 陶芸 阿部未来 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ease店主 「岐阜名産枝豆展」

第4回お題「ご自由に」

岐阜県岐阜市にある「ease」という店をめぐる人々が、
店主の出す「お題」について、
期間限定で毎日ぐるぐると日記を書いていきます、
このブログ。

さて。
本日より4周目となります。
今回のお題はありません
タイトル「  」内も含めて、内容もご自由にどうぞ。
いわゆるフツーのブログですが、
お題で3周したこの辺りで読むと新鮮かと思いまして。
作家の皆さん、よろしくお願いします。

それでは、4周目もお楽しみください。

続きは店主の自由記事「岐阜名産枝豆展」です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

04:41 | ease店主 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マツーラしのぶ「モノ作りを始めたきっかけ」

それ以前にも油粘土でモノを作ったり、
クレヨンで絵を描いたりしていた気がするけど、
ハッキリと「作りたい」という意欲を持って
なにかを作るきっかけとなったのは、
やはり土をいじるもの同士だなぁ、カブリましたが(笑)
由良さんと同じく泥ダンゴ作りですねぇ。

とある岐阜の片田舎、保育園時代の話です。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

02:37 | 陶芸 マツーラしのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

由良しのぶ「モノ作りのきっかけ」

泥んこ遊びは誰にでもある経験だと思います。
小学生の時に「泥だんご作り」が流行りました。泥だんごの出来を子供達が競いあって、誰のが一番硬いか、球体に近いか、美味しそうか!
美味しそうに見える決め手はだんごの表面にコーティングされたきな粉様の「さらこな」という黄土でした。泥だんご作りには地域性があると思うので、何にこだわっていたか調査すると面白いかもしれません。
それでは簡単に、京都今熊野小学校で二十数年前に流行っていた泥だんごの作り方をご紹介します。

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

20:46 | 陶芸 由良しのぶ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

松田かおり「モノ作りを始めたきっかけ」

きっかけ・・・私のオカンは、簡単な子供服だと、チョキチョキ、ガァガァ(ミシンの音)っと作ってくれた!
横で、見てた私も、自然とチクチク縫ったり、グルグル編んだりするのが、好きに、なった。
大人に、なっても物作りは、楽しく続いた。
山あり谷あり・・・色んな人との出会いが、
作品作りの素(味の素みたいに)となっております。
しかし、チョキチョキ、ガァガァっとは、服は、作れない・・・
まだまだ、修行が、足りません・・・。
関係ないけど・・・カモシカ出没!
残念ながら撮る事も捕る事も出来ませんでした・・・

▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

07:07 | 布小物 松田かおり | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

橋本 緑「モノ作りを始めたきっかけ」

小さい頃から絵を描いたり、切ったり、貼ったり、何か作るのが好きでした。
私のものづくりは知らない間に始まっていたと思うのですが…。
でもあえて“ものづくりを生業とする生き方のきっかけ”というならば、学生時代にした山小屋のアルバイトでしょうか。
登山経験まっったくナシの私は、山の生活ってどんなかなぁー!とドキドキしながら北アルプスの山小屋に夏休みの間、働きに行きました。
そこで出会った人達は、夏は山に上がってるけど、冬はスキー場で働く人、彫刻する人、大工さん、旅する人、等々、
今まで私の周りにはいなかったタイプの大人達でした。
うゎー人それぞれ、こんなにいっぱい生き方ってあるんだ!って発見。
それがきっかけかな。


▼ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

00:07 | 陶芸 橋本緑 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑